« 雑記090222 | Main | 雑記090225 »

2009.02.22

「チェンジリング」

村上春樹が「壁と卵」の話しをした直後に、同じテーマのよくできた映画を観ることができるとは。「壁」に押しつぶされそうになった「卵」がどのように壁に向き合うのか、ひとつの解を見ることができる。以下ネタバレは読まずに観にいくのが吉。


システムという「壁」は、自身を維持することに過大な精力を割くようになりやすい。そのため、そのシステムが作られ存続している本来の目的を忘れがちだ。この作品は、1920年代のロサンジェルス市警というシステムが、本来の目的をはずれて、いかに人々を抑圧したかを、取替え子の不祥事を題材に描いている。

システムを駆動するポジションには、通常、選ばれた人間が着き、そのシステムの役割遂行に力を尽くすはずだが、いつのまにかシステム維持の方に傾いてしまうことがある。ここでは、担当警部、本部長、市長の三者いずれもが、その落とし穴にはまっている。聴聞会で糾弾される警部が、自身が指示した非人道的で抑圧的な行いを、特別なケースでは特別な対応をしなければならないのだ、と主張し、なぜこのケースが特別なのか聞かれると、感情を昂ぶらせて「従わないからだ」と答えるのは、まことに象徴的だ。

彼らが使うレトリックとして繰り返し出てくるのが、「専門家がそういっている(のだから素人のあなたは従え)」、と「(善良な)○○としての義務を果たせ」、の二つだ。もちろん、裏で専門家を権力で操ることとセットになっている。いずれも、その弊害が広く認識されてきた結果、いまでは程度問題と受け止めるのが一般的に思えるけれど、行き過ぎからくる反動も観察できて、微妙なところだ。

この「壁」に、壊れやすい「卵」が対処する方法として、ひとつには「黙って従う」ことがあるだろう。映画に登場する、警察お抱えの医師、偽の子供に嘘をつかせる親、精神病院の医者や看護婦などがこれにあたる。見慣れた普通の小悪人達だ。

もうひとつの方法は、壁に楯突くことがある。この事件以前に精神病院に収容された12号案件の女性達が、これになる。当然ながら卵は壊れてしまうことが多い。医者や看護婦も卵のはずだけれど、おそらく自分を守るために、より弱い卵を壁に差し出し、自身は壁に同化することで難を避ける、という構図がそこにはある。

壁に対する第三の方法として、別の壁をもってあたる、という方法がある。この映画の主人公が採った方法がそれだ。背景にはもちろん、別の壁を維持する人々の意思と行動があり、それを駆動する主人公の強い意志がある。
こうした意志を持った人たちの一歩づつの積み重ねのお陰で、今日私達が享受している、(昔に比べれば)住みやすい社会がある。ごく当たり前のそのことをきちんと見せてくれる、よい映画でした。

あまり宣伝をしている風でもないのに、初日からかなり大勢人が入っていて、よい作品の噂はすぐ伝わるのだとわかって嬉しかった。


ところで、村上春樹が取り上げた、あの地域の「壁」に、どんな別の「壁」と意志を向き合わせればいいだろうか。それを考えることはこの映画の射程からはずれるけれど、それを見出せなければ、あの混乱はいつまでも続くことだけははっきりしている、と思った。


|

« 雑記090222 | Main | 雑記090225 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「チェンジリング」:

« 雑記090222 | Main | 雑記090225 »