« 雑記090225 | Main | 東京中央郵便局建替えに異議が出ているらしい件 »

2009.02.26

雑記090226


世界経済同時危機―グローバル不況の実態と行方

「富をつくった人に富が還元されるしくみがなければ社会は豊かにならない」というのは、すべての経済学者のコンセンサスである。
これ自体に異論はないのだけど、「富をつくる」の定義というか範囲が悩ましい。

「つくった富」の価値が伝わって、評価されて、実際に貨幣に置き換わるまでのプロセスは結構長くて折り重なっている。場合によっては、「つくった富」という考え自体が成り立たずに、よくわからないプロセスを経ているうちに、評価が激しく上がって、貨幣に置き換わる頃には、その価値を生み出したのは、プロセスの起点なのか途中のどこかなのか、さっぱりわからなくなることもある。

バリューチェーンを書き出してみれば、どこが大きな価値を生んでいるか分かりそうなものなのだけど、一見、価値が小さく見えても、それを省くとチェーン自体が成り立たないケースとか。特にやっかいなのが「人脈」とか「権利」などの絡み。それってやっぱり富なのかな。


市場は世界をどう見ているか

うーん。わしら、すごいデブだよ。
米国は風船。
中南米は思っていたより大きいんだな。

|

« 雑記090225 | Main | 東京中央郵便局建替えに異議が出ているらしい件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記090226:

« 雑記090225 | Main | 東京中央郵便局建替えに異議が出ているらしい件 »