« 雑記081205 | Main | 雑記081207 »

2008.12.06

「WALL・E」

いまや定番となった観のある、ディズニー×ピクサーのコンビによるCGアニメ。「ファインディング・ニモ」や「レミーのおいしいレストラン」のような傑作とまではいかないが、今回も十分な品質を達成。楽しめます。以下ネタバレ。

このシリーズ(?)は、いつも擬人化のレベルの高さに驚かされるのだけど、今回はロボットということで微妙な出来上がり。むしろ不気味の谷にはまりかねないところはあった。それを知ってか知らずか、お話は主人公の2体のロボットに焦点を絞っていて、他のキャラクタはかなり没個性になっている。そこがステレオタイプに感じられて、このあたりが傑作とは言えない理由。

それでも、主人公のウォーリーとイブは、さすがによく作りこんである。はじめのうちは、特にイブには少し距離を感じたけれど、終わる頃は立派に感情移入できた。ウォーリーをなんとか蘇らせようと必死なところなどは一緒に手に汗握る。

ロボット達は、基本的に話さないので、ストーリーは非常に単純に、基本を外さないようにしている。それによって、観客をおいてけぼりにしないように配慮しているようだ。そのお陰で、ちゃんと理解できる内容になったけれど、代わりに、ストーリーの楽しさはない。

この映画は、やはり、2体のロボットのしぐさを楽しむ映画といえそうだ。

いつもどおり、開幕前にちょっとした短編映画がおまけで付いていて嬉しい。これも、はじめのころはピクサーのCG技術を贅沢に使って、ひねりの利いたショートショートを見せるという趣だったけど、CGがこれだけ普通になってくると、やや意味合いが薄れたかもしれない。内容的にも、今回は割と直線的などたばた劇となった。

|

« 雑記081205 | Main | 雑記081207 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「WALL・E」:

« 雑記081205 | Main | 雑記081207 »