« 雑記081208 | Main | 雑記081210 »

2008.12.09

雑記081209

寒さにも慣れた。
それにしても、”(笑)”がAERAに進出しているのには驚いた。
おいらは、一応使う場所を限定していて、たとえば、まさか企画書に(笑)とは書かないです。(笑)

あそこは、そういう場、ということかな。


ドイツ政府、Wikimedia Commons に 10 万個の写真画像を提供

Wikipedia と普通の百科事典が融合するというのは、なかなかいいアイデアだと思う。百科事典は権威付けされた原稿として挙げておいて、市井の人がそれなりのレベルの異論などをリンクで付加する、というイメージがいいかな。実際にどうなっているのかは知らないけど。

と書いていたら、こんなのも。
見出し13万項目の「百科事典」が無料で登場


「信用偏差値」―あなたを格付けする

メモ。

先払いの扱いには注意が必要だけど、同時払いの代引きには、とりあえず変な規制がかからないことになったみたいでよかった。

ところで、こんな記事も。
人間の価値を金で測る「クレジットスコア」導入に大反対する

もちろん、わしも反対です。こんな馬鹿げた人間評価の方法があるものですかね。

でも最近のわしらは結構馬鹿だから、この話しも通ってしまうかもなあ。
いやだのう。


コクヨエンジニアリング&テクノロジー、騒音も隠すパーティション

同システムは、空調音に似た背景音をオフィス内に分散させることで、騒音が聞こえにくくなる「マスキング効果」を応用したもの
おお。アクティブノイズキャンセラとは少し違うみたいだけど。
これによって隣接する他人の会話や周囲からの騒音などが聞き取りにくくなり、仕事に集中できるという。
自分達の会話は周囲からどう聞こえるのだろうか。


投資案件で「リスクはないか」「安くならないか」はナンセンス

リスクがあるからこそ役員会議に諮っているのであり、リスクがなければわざわざ役員の忙しい時間を割く役員会議に諮る必要はない。
まったくその通りだ。
実は説明する側にも問題はあり、案件を通したいがゆえに、リスクを詳らかにせずに説明する傾向がある。このような雰囲気の会議体だと、お互いが疑心暗鬼になり、重箱の隅をつつくような議論に陥ってしまう。
実にまったくその通りです。(笑)
という導入はともかくとして、後半あたりがよいエントリ。

ディテールが見えて、俯瞰もできれば言うことなし。


“第三者”委員会に口出しする厚生省幹部

タイトルの付け方が意図的にピンボケだけど、以下の部分は初めて知った。

事故米が食用の米に転用されないようにするためには、有識者会議の報告書にもある通り、事故米に着色すればいい。これは海外ではよく行われている手法で、安価、かつ実効性の高い対策である。いったん青色などに着色すれば、ほかの米と混ぜようとしても、青い米粒は一目で見分けられるので、流通させてもすぐに事故米だと分かる。
なーんだ簡単なことなんだ。
 ところが事故米に関する一連の報道を見ていると、行政はこういったコストの安い偽装防止法を採用したくないのではないかと思えてくる。

 Gメンが検査するとか、流通ルートを追跡できるトレーサビリティシステムを導入するとか、彼らが好んで採用しようとしている対策は、いずれも“予算の取れる”対策ばかりなのだ。

わしらの税金、大切に使ってほしい。

って、言っても無駄かな。


地方分権論議に逆行する役人の無神経さ

おやまあ。
こういうネタは尽きることなく出てくるのね。(笑)


「2007」に関数の不具合?――過ちを繰り返す「DATEDIF」の受難(第72回)

あれまあ。

|

« 雑記081208 | Main | 雑記081210 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記081209:

« 雑記081208 | Main | 雑記081210 »