« 雑記081106 | Main | 雑記081108 »

2008.11.07

雑記081107

今朝の新聞に、メタボ騒動の明暗のような記事があって、フィットネスは暗の方らしい。
この5月に医者に脅されてスポーツジムへいき始めたわしは、しかし、ほぼ皆勤賞でそれなりの成果を挙げた。利用しているプランは月6千円弱だから、新聞で不振と書かれていた3週間で数万円とかいうプランとは無縁。このくらいの金額なら、光回線と同じ程度だし、体調の良さは十分自覚しているから、リーズナブルだと思うのだが、それでは記事にはなりにくいということだろうか。

でも最近、トレーナーが、新しいトレーニングメニューを作りますとか張り切っているので、不安。いまのままでもいいんだけどなー。

際限なく売上を拡大しようという試みは、逆に持続可能性を損なうのではないかと、思ったりする。



変わりつつある「iPod」の未来--アップルが元IBM幹部を獲得した意味

Appleが今後、iPodやiPhoneをMacと同様に扱い、ソフトウェアとハードウェアに分かれたエンジニアリングチームが協力して最終製品を設計することを計画しているということだ。
一製品が一事業領域に変化していく、その核にブランドがある。
なんてかっこいいんでしょ。


今日の日経本紙は、国の出先機関の見直しの話しを、社説ほか記事でも取り上げていた。
この件について、後戻りできない一定のレールを敷くところまで行けるのであれば、選挙はその後、来年秋でも構わない、と思えるくらい、社会の構造に深く関わる話しのように思う。


1世帯6万円で何をしろというの?麻生さん

だから東証に貢ぐ運動と連動なのだとあれほど・・・
ていうか、「何をしろというの?」という人は受け取らなくてよろしい、ということにするみたいなんだけどー。



広告業界の営業スキルが、他の業界の営業スキルと違う、ということを端的にいうと。

前者の場合は、商品についての価値を高くすることは意外と苦手。逆説的だけれども、モノを売ってるのであって、自分たちを売ってないから。つまり、自分たちの存在価値を商品の価格に付加価値として載せられないということ(わかるかな?)。

一方後者の場合、自分たち自身が売り物なのであって、広告商品というのはプランを構成するときのツールにすぎないので。

広告営業はつまるところコンサルティング営業ですよん、ていう理解でOK?


オバマ政権でインターネットビジネスはどう“Change”するのか

国のCTOを任命したいと主張している。
戦略的だなあ。
Obama and Biden strongly support the principle of network neutrality to preserve the benefits of open competition on the Internet
選挙戦でのネットの使い方もうまかったそうだし、問題の所在を知らないとは思えないけど・・"to preserve the benefits of open competition"て微妙なところなのかなこれは。

|

« 雑記081106 | Main | 雑記081108 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記081107:

« 雑記081106 | Main | 雑記081108 »