« 雑記081030 | Main | 「レッドクリフ PARTⅠ」 »

2008.10.31

雑記081031

3連休の真ん中に法事を入れてくれる人がいて・・orz。


九十九電機、民事再生手続きを申し立て

e-Machines買った人達、そしてTSUKUMOを販売ルートにしていたメーカーはたいへんですな。
そういえば今朝の新聞にe-Machinesの5万円パソコンの全面広告が載ってた。
あれは・・・何だろう。


ヨドバシカメラのオンラインショッピングサイト、リニューアルに失敗?

原因は知らないけど・・・

テレビガイドも (スコア:1, おもしろおかしい)
インターネットテレビガイドも、Ajax導入でぐりぐり動いて(猫の手スクロール)直感的に使えるように
リニューアルしたとか言って激重になってたよなぁ。
Google Mapの方がテレビガイドよりも情報量多いのに普通に使えてたから、コードかデータ構造が腐ってたんだろうな。
Re:テレビガイドも (スコア:5, おもしろおかしい)
つまりビルの屋上にテレビ欄貼って撮ってもらえばいいのか。
爆笑しますた。


米HP、Atom搭載の「HP Mini 1000」を発表

なかなかよさげ。
でも・・ほとんど同じ仕様のDellを既に使い倒している私としては、ちょっと遅すぎた感でいっぱい。


大荒れ相場に見えた「みの・フルタチ」の文化度

 ウェブ上の集会拠点には、不思議なバイアスがかかっている。荒れて見える分野が意外にほのぼの系だったり、逆に文化的であってしかるべきカテゴリーに、手に負えないならずものが盤踞していたりするのだ。
-・-・-・-
 おそらく、掲示板はスナックと同じで、最終的には、立地や看板よりも、客の内面を反映した空間になるのだと思う。だから、「文化」方面の板は、その中でとぐろを巻いている常連の性質を反映した、茶室じみたいやらしい空間に変貌するケースが多い。具体的に述べると、やたらに口汚かったり、粘着質だったり、あるいはハイブローで見栄っ張りで知ったかぶりで初心者に冷たい場所になりがちだということだ。かと思えば「現代詩」のカテゴリーみたいに、詩人ワナビーの素人が他人に通じない言葉のダンビラを振り回す不毛な亜空間になる。おそろしいことだが。
にやにや。
って人のこと笑ってる場合ですか>わし。
 百歩譲って、前述のセリフの主が、投機的な商品先物市場に翻弄されているジャガイモ農家のオヤジだとか、貸し剥がしに直面している鉄工所の社長だとかであるのなら、それはそれで一理のある話なのだと思う。

 でも、「額に汗して」みたいなセリフを吐いているキャスターの額に、汗がにじんでいたためしはないのである。彼らは、しゃべるだけで時給数十万円からの報酬を得ているトーキング貴族だ。あるいは、そのものズバリのバブルメーカー(バブル労働者)だ。

この辺はまあ、ありがちな批判。
んで、
「おはぎゃあ」

 と、悲劇を対象化し、

「こんにちぎゃあ」

 と、後場の暴落を笑って受け止められる人々がいる限り、まだまだ日本は大丈夫。
 ん?
 ってことは、底はまだ先なのか?

えー。やめてよもう(笑)。



ヨドバシドットコムのリニューアル失敗から学ぶべきたったひとつのこと

たったひとつのつまらない結論を言う前の前置きが言いたい放題で面白い。


「黒デスクトップ事件」、中国政府がマイクロソフトに対して異例の批判声明

 閻暁宏副局長は今回、マイクロソフトの海賊版対策は「発展途上国の利用者の意向を無視した行為」とも述べており、改めて強行措置により海賊版撲滅を目指したマイクロソフトに対して釘を刺した形となった。
この記事は多少煽りも含んでいるとは思うけど、一方で中国政府は確か、セキュリティ関係のソースコードを国家に開示するように要求する方向みたいな話しもしていたのだった。あれはその後どうなったのだろう。


|

« 雑記081030 | Main | 「レッドクリフ PARTⅠ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42961414

Listed below are links to weblogs that reference 雑記081031:

« 雑記081030 | Main | 「レッドクリフ PARTⅠ」 »