« 雑記081012 | Main | 雑記081014 »

2008.10.13

雑記081013

今年は葡萄が例年よりずっと安かった。高い値がつきそうな商品作物に農家が力を入れてるからだろうか。高級品だったはずのロザリオビアンコが去年の半値くらい。嬉しい。
それもそろそろ終わって、林檎の季節に移ってきた、「秋映」という味の濃い品種が安くなってきている。

旬のものをおいしく食べられれば、それ以上の贅沢はさして必要ではないと思う。


スペースシャトルからゴキブリへ

この問題の長期的な解決策は、ブックステーバーの言葉でいえばゴキブリのように、細かく最適化しないで標準的なモジュールだけを使うことだ。これは収益という点では高度に最適化した仕組債に劣るが、今のような状況になっても売却できる。
難しいことはよくわからないけど、つまり、効率性が高い(=冗長性が低い)ものは当然ながら壊れやすい(=部分の破綻が全体の破綻につながりやすい)、ということか。

たとえばパソコンでも、ほぼ標準モジュールだけで構成されているDELLやHPの方が、国産の複雑怪奇な組込み機能満載のパソコンよりもずっと使いやすい、ていうのと同じか。

それで、おいらが疑問を感じる点は、その次の段階。
では、大部分が標準化されたモジュールだけで構成された金融商品の利幅はどれくらいになるか、というあたり。たぶんそれは、ブラックボックス化できない(=裏で大きな利ざやを稼ぐのに適さない、顧客の「囲い込み」もできない)だろうから、機動力と知力と情報秘匿と倫理欠如(笑)とを武器にする、いわゆるデキル人たちは寄り付かないかもしれない。

このあたりは難しいところ。デキル人たちはそれなりに、超デキル人達が作り出した新しいものを、世に問う役目を果たしてきているように見えるし。


金融というフィールドが、冒険心を満たす未知の大陸から、一般の人に広く恩恵をもたらす文明化された沃土へ転換する転機が来ているのかもしれない。

すると、冒険者達は次はどこを目指すのかな。

・・新規エネルギー源開拓とか? しょぼい?


行員の制止振り切って送金 「おれおれ詐欺」被害者の3割

振り込め詐欺犯がそれだけ巧みであるとも、善良で騙されやすい人がそれだけ多いとも言えるでしょう。
たぶん、一度といわず二度三度と騙されて、授業料を払ってみて、やっと自分で考え始めるようになると思う。騙されない賢さや用心深さと、善良さとは、背反ではなく両立するものだということを。

そんなこと言ってるおいらは、少し善良さを取り戻さないと。(笑)


市民ジャーナリズムの危うさを露呈

ネット業界で最も権威のあるブログSilicon Alley Insiderまでが,見出しでiReportの記事をCNN Citizen Journalistの記事と呼んでいた。これでは、iReportの投稿記事をCNNが編集した記事とみなされても仕方がない。
と、上の記事でも指摘しているように、UGCの記事をCNNの記事であるかのように書いたぶろがーさんに、相当の問題があるだろう。

でもやっぱり、伝統メディアはUGCに手を出さない方がよい、ということになるのだろうか。
誤解する人は後を絶たないだろうし。


高齢化社会がもたらす宗派系大学の危機

住職の代替わりのサイクルがそんな風になっていたとは知らなかった。

田舎に残された両親は、まだお寺をある程度は大事にしてくれるけれども、都会に出て行ったきりの子ども達は、その手の付き合いはほとんどしない。結局、田舎の両親が亡くなってしまうと、それっきりで、田舎のお寺の檀家さんの数は、どんどん減っているという。
はっきりした理由に心当たりがあるわけではないけど、なんとなく、そうだよなと思う。そういう状況は、根が深すぎて理由がよくわからないという意味で、回復不能かも。


|

« 雑記081012 | Main | 雑記081014 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記081013:

« 雑記081012 | Main | 雑記081014 »