« 雑記081007 | Main | 雑記081009 »

2008.10.08

雑記081008

金融の命運はもう定まったようなものだし、明るいところを見ていこう。


asahi.com:国交相「高速通行料、大幅値下げ検討」 民主に対抗か - 政治

自民党は自分たちの支持基盤にお金をばらまくことだけを目的として、全国にこんな「クマ道路」を都市納税者の負担で建設してきた。それなのに「クマ道路」から無料化するという。

おかしいと思わないか? 都市納税者、もっと怒れ!

どっちに票を入れてもバラマキになりそうだから、ここでの思考のポイントはバラマキかどうかではなくなったのかも。都市住民にとってどちらが親身か、というところでは・・やはりあまり変わらないのかな。

そう考えると、小沢という人が、個々の政策のほかに、パラダイム転換的な話しを始めて、その手法として予算枠組みの見直しを言っているのは面白そう。


「残業ゼロ」の仕事力(吉越浩一郎)、仕事なんてDSのゲームみたいなもの

「仕事は期間限定のゲームに過ぎないので、そこに人生を重ね合わせちゃダメよ」
に派生したいろいろなケースが出ていて面白い。

おいらもひとつ。

仕事はゲームですから、敵は容赦なく打ちまくって得点を稼ぎましょう、とか。
それだめ?


ブログ書くより放送大学

授業を見まくると何が起こるかというと、原子・分子からDNA、細胞、社会、地球、宇宙といった多元的な視点から人間や社会が理解できる(ような気がする)ということでして
それはよさげだなあ。


中山信弘氏のフェアユース論

追加コメントの中に重要な一節が。

legal positivismに慣れた官僚が、フェアユースに抵抗する心理はわかる。彼らの権力の源泉は、政省令を細かく決めて判例に相当するものをつくれるところにあるので、裁判所が常識で判断することになると、その権力が奪われるからです。しかしフェアユースが必要なのは、まさにそのためなのです。
国の役所が現場の実情を十分把握できていないのは、社会がこれだけ複雑になればむしろ避けられないことだろう。にもかかわらず、本来、常識(コモンロー)的に決められるべきものが、机上の政省令で決められてしまうと、いろいろ悲惨な現実がおきる。事例は、・・・今更あげないけれど。



よく考えると・・・どこが明るいんだ?

|

« 雑記081007 | Main | 雑記081009 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記081008:

« 雑記081007 | Main | 雑記081009 »