« 「おろち」 | Main | 雑記080929 »

2008.09.27

「アイアンマン」

この映画がどうしてアメリカで人気があるのかって?
それは、最後にあれを言っちゃうからだよ!(笑)
というわけでガジェット大好き5歳男児向けの楽しい娯楽映画が日本上陸。今週末は丁度いい具合に5歳児に仕上がった私はすんごく楽しめました。以下ネタバレもないもんだけとネタバレ。

これが、金融危機前にアメリカで公開されて大人気になり、危機勃発お先真っ暗な今日本にくるというタイミングは、一体何とコメントすべきなのか。実は米国人は、今回の危機の前から、金融不動産業周辺のいんちき臭さとかきな臭さをうすうす感じていたのではないかと勘ぐってみたりする。金融で大儲けという話しはいつも情報の非対称性に拠っている。平たく言うとカモの与り知らないところで権力をテコに裏情報を掴んで抜け駆けすることで成り立っているわけだ(笑)。
そういうEVELなスタイルは、この映画の悪役おやじにも通じるところがあるわけで、純粋GEEKな主人公に支持が集まるのも当然。あまりにGEEK過ぎて浮世離れしているところは悪役といい勝負。

でもそんなしかつめらしい話しは抜きにして、人間サイズのパワードスーツががちょがちょ動くのが、もう最高。これはそれだけで最高の映画。作り手もそれをよくわかっていて、主人公の助っ人になりそうな空軍将校に、搭乗者のいない機を見せておいて、「あれは次のお楽しみだな」とか何とか言わせたり、悪役おやじにさえ、自分好みにデザインしたずんぐりむっくりスーツをごきゅごきゅうごかしながら、「俺は機械は嫌いだがこれは面白い気に入った」みたいな陶酔した台詞を言わせてみたり、もうノリノリ。

中東あたりのどこかの風景とか、エンドロールの後の次回予告みたいなのとかは、あくまでも賑やかし。パワードスーツを性能限界まで動かす舞台をしつらえるための背景に過ぎない。

そういうわけで、次も必ず見ますので、がちょんがちょん頼みます。

|

« 「おろち」 | Main | 雑記080929 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42610111

Listed below are links to weblogs that reference 「アイアンマン」:

« 「おろち」 | Main | 雑記080929 »