« 「フロンティア」 | Main | 雑記080922-2 »

2008.09.22

雑記080922

昨夜、キャンプ場周辺はかなりの雨だった。時折の稲光は遠く弱く、最後のひと吼えは長く低くどろどろと続いた。それは夏の終わり、秋の訪れを告げる雷神の別れの挨拶だ。

てな文を、湖畔のファミレスで朝からぶろぐに書き付けているおいらは何?
と思って、仕事がある普段はとても読みきれない長文のブログをたまたま読んだりすると、発見があったりするわけだ。


村上春樹『走ることについて語るときに僕の語ること』の書評:“走ること”と“書くこと”を継続する原動力

インターネットが登場して作家でもアーティストでもない一般の人たちの間にも『リアルな人間関係』とは異なる『コンセプチュアルな人間関係』が生まれたことは興味深い現象であり、ブログやSNSに限らず人がウェブで何かの文章やメッセージを書き連ねる動機の多くは『コンセプチュアルな人間関係』に向けられている。
なるほど、そんな風に思ったことはなかったけど、そうかもしれない。
それで、おいらがイメージしているコンセプチュアルな人間関係とはどんなものだろうとか、考えてみたりする。


近況

太陽黒点がほとんど出てないせいかどうかわかりませんが、ブログを書く気力がイマイチでませんです。
おおそれだ。
太陽黒点というのはなかなかコンセプチュアルだなあ。(笑)
人間関係とするためには・・太陽を擬人化すればいいのか。


数日前の新聞記事の寄稿者のお名前を間違っていたことに気づく。池尾先生でした。池田という人もいいことをしきりと書くので混同しちまいました。


こうしてうだうだと時間をつぶしているのは、今日は晴れないかという期待まじりで、帰るふんぎりがつかないから。時折雲の切れ間から青空が覗くのだけど、すぐにまたどんよりしてしまう。

仕方がない。少し仕事でもするか。パソコンてほんとに便利だな。こんな非都会でもe-mobileの電波がしっかり届いているのも嬉しい。

|

« 「フロンティア」 | Main | 雑記080922-2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42554785

Listed below are links to weblogs that reference 雑記080922:

» 村上春樹 [けんたの日記]
雑記080922 思って、仕事がある普段はとても読みきれない長文のブログをたまた... [Read More]

Tracked on 2008.10.08 at 02:55 AM

« 「フロンティア」 | Main | 雑記080922-2 »