« 機能的寿命 | Main | 雑記080911 »

2008.09.09

雑記080909


「ひこにゃん」効果?滋賀県の観光客が伸びた

観光立国としての資源は日本には十分あるはずで、国内経済の活性化のひとつとしてもっと注力してもいいのじゃないか、
そこで観光庁発進。
経済産業省が、日本経済の中長期的な成長力を高めるための「青写真」を描き、二階俊博経済産業相が9日にも発表するそうですが、その柱が「原油など資源高への耐久力を高め、新興国などの外需を取り込む輸出や投資の促進」となっているようでガッカリです。
もうそういうのは経産省に任せて、建築基準法も消費者庁に任せて、国交省は観光立国(笑)に向けて邁進すれ。


草柳文恵さんが自殺 東京の自宅マンション

ええええ。

おいらが子供の頃、教育実習生でこの人が教室にきたのよ。
その頃大蔵さんの家が近くにあったからね。

大学在学中からマスメディアで活躍していたそうだから、わしら洟垂れ相手に授業してくださるなんてもったいないことではあった。
でも当時はもちろんそんなことは知らないから、洟垂れらしく若い美人の先生を変な質問で困らせて喜んでおったのだった。

おいら達とは縁の無い教養の世界の人ていう印象だったかな。

それでも生き辛くなって死んでしまうこともあるんだ。



コンセプトは「true mobility」--東芝、128GバイトSSD搭載の「dynabook SS RX2」

40万円かあ・・・
12ichで860gは超軽い。



グーグル、「Google News Archive」に新機能--過去の新聞記事を検索閲覧可能に

Googleは、コンテンツの著作権をめぐって、以前は通信社と争う立場にあった。だが、2006年にはAssociated Press(AP)と、2007年にはAgence France-Presse(AFP)と、ライセンス契約を結んで合意に至っている。
ありあまる広告収入で、記事を正当な対価で買って無料で解放してくれるとしたら、やっぱりGoogleはただ者じゃないと言うところだ。

新聞社も、今現在のDBサービスと同等程度の利益が上がれば、むしろ歓迎すべきことだと思う。その上で、過去記事を素材にして、Googleを上回る何かの価値を提供できるのであれば、その部分は自前でやればよい。

過去記事を探られると節操の無さがばれるとか不都合があるのなら、それはまあ致し方ない(笑)。でも、そんなに血眼で粗探しをする暇人は少ないと思うなあ。



ICPFセミナー 中山信弘氏

投資リスクをゼロにしようという会社はないのに、法的リスクだけはゼロでないと法務部がOKしない。しかし厳密に解釈すれば、著作権法や個人情報保護法に違反していない企業は日本中に一つもない。YouTubeのように、あえて法的リスクをとることもイノベーションの一つの方法である。
ほんのわずかでも法に触れそうなことをすると、鬼の首をとったように得意げに指摘して悦に入る知識人モドキの皆さんに、まずお引取り願わないと。

|

« 機能的寿命 | Main | 雑記080911 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42424971

Listed below are links to weblogs that reference 雑記080909:

« 機能的寿命 | Main | 雑記080911 »