« 「スカイ・クロラ」 | Main | 「アフタースクール」 »

2008.08.15

「スターシップ・トルーパーズ3」

数週間ほど前に見て、感想を書きそびれていた。
このシリーズの枠組みを踏み外さず、きっちり作った3作目。この調子だと10でも20でもつくれてしまいそう。以下多少ネタバレ。

ハインラインの原作がどうだったのか、もう覚えていないけど、こういう皮肉な感じだったろうか。

映画は、「アメリカの時代」の到来に立ちふさがるあれやこれやを、おぞましい敵バグスに見立てて、それを撃破するわれらが海兵隊の戦いを描く、という感じ。登場人物はマッチョな前線指揮官と友人の指令官達。今回は、軍首脳部の陰謀や裏切りなど絡めつつ、新兵器を2種類も投入して、大サービス。

3作目の特徴として、宗教を登場させている。軍を象徴するような役回りのタフな女戦士を、最初は無宗教的な立場において、宗教掛かった他の登場人物をこきおろしておきながら、最後の絶体絶命のピンチで自分の無力を体験させて、信者に衣替えさせる。これは皮肉と受け止めてよいのだろうか。

でも、このシリーズの進み方からすると、この女戦士が、次作でも活躍しそうなんだけど。神とバグ。そして人間。難しすぎる。

バグズ軍の新兵器、というか新人(笑)としては、スコーピオンという戦車級の強力バグと、呼び名は忘れたけど、バレーボールほどの自爆バグがあった。手投げ弾のように塹壕に放り込まれてくる自爆兵なんて、まったく洒落にもならない。ここにも皮肉が感じられる。

作り手側のコンセプトは、この材料で実は時事評論をすることらしいと、今回はっきり感じました。

|

« 「スカイ・クロラ」 | Main | 「アフタースクール」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42172957

Listed below are links to weblogs that reference 「スターシップ・トルーパーズ3」:

« 「スカイ・クロラ」 | Main | 「アフタースクール」 »