« 雑記080821 | Main | 「セックス アンド ザ シティ」 »

2008.08.22

役割と和

仕事場が移転した。

引越し屋を見ていると、考えなくてもFILOが身に付いているのがわかる。手際よくモノを出し入れしていくので、見ていて気持ちがいい。こういった息の合ったプロ集団に、横から素人が力仕事を手伝おうなどと持ちかけるのは、失礼ともいえる。息の合っていない者が混ざって怪我でもされたらたいへんなど、いらぬ気苦労を負わせることになるからだ。別の言い方をするなら「足手まとい」。

むしろ、クライアントとして求められている情報を迅速的確に出すことで、彼らの仕事が速やかに手戻りなく進むように援ける方が、よほど役に立つ働き方といえる。

根強い「なんでも平等」意識とは、どうやっても馴染まないスタイルだけど。


昔も今も、職人はそうした「役割」意識を体得していて、ほどよい「和」の中で仕事を進めたものだけど、抽象的で機械的な「平等」意識は、そういった「和」の感触とは、かなり遠くにある感じがする。
「封建的」と「和」とは異なるものだと思うけど、歴史的経緯からか、ある種の誤解が続いた時期があったのかもしれない。

そろそろ、誤解はお終いにしたい。

|

« 雑記080821 | Main | 「セックス アンド ザ シティ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/42250254

Listed below are links to weblogs that reference 役割と和:

« 雑記080821 | Main | 「セックス アンド ザ シティ」 »