« 「ハプニング」 | Main | 早くみたい映画NO1 »

2008.07.26

「崖の上のポニョ」追記

前回は、絵の凄さについて感想を書いたので、今度は手短に、作り手が仕込んだ赤裸々な想いを勝手に想像して迫ってみたい。聞くところによると、この映画は様々に解釈可能らしいので(笑)。

この映画を簡潔に一言で言ってしまおう。それは、

「早く孫の顔が見たいよー」
という叫びなのである。それしかない。

思い出してみれば、主題歌の歌詞はこうだ「ぽーにょぽにょぽにょ魚の子、まん丸おなかの女の子」。監督、それはお目出度のことでしょ。歌詞はちょと違うかな。まあ細かいことは気にしない。

「魚のポニョも半漁人のポニョも人間のポニョも好き」ってそれは、嫁は日本人でなくても全然OKてことでしょ。

唐突に潜り抜けることになった暗いトンネルは、どう見ても産道でしょ。

「辛いでしょうに」はもちろん、新婦を送り出す親の心境でしょ。


符合している。見事なほどに符号している。

気付いてみれば、海のイメージは「豊穣」なのだった。つまりこの映画は最初から最後まで「産めよ増やせよ地に満てよ(細かいことはいいから)」という語りかけで貫かれていたわけだ。

いやー、つくづくよい映画だな(笑)。

|

« 「ハプニング」 | Main | 早くみたい映画NO1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「崖の上のポニョ」追記:

« 「ハプニング」 | Main | 早くみたい映画NO1 »