« 雑記080708 | Main | iPhone触ってみた »

2008.07.12

雑記080712

つかれたー。
さっぽろテレビ塔、通称「テレビ父さん」に登ったといったら、地元女子に「それ何て田舎者?」という目で見られた。orz


iPhone 3G、本日発売

今朝のNHKニュースでまで取り上げられていたのには、少々違和感を感じました。朝の時間帯としてはかなり時間を割いてしましたし、商品名を出さない NHKにしては珍しく「アイフォーン」と紹介してました(ちなみにその後docomoのBlackBerryに関しては「海外でビジネスマンに人気の端末」としか言っていなかった)。
iPhoneは「携帯」カテゴリの一商品ではなくて、新カテゴリの名前、という意識なのかも。
今日、iPhoneを買ってきましたが、店頭でくどいくらい説明されましたよ。
対応表を見せられて、この条件に当てはまるパソコンはお持ちですか? って聞かれました。

私の前にいたおじさまは、分からない。なんて答えてたんですが、そしたら見事に
動かせない可能せいのあるものはお売りできません… って断られてました。

#どうやら息子さんのために買いに来たようでした。

哀れ。
売ってやれよ。とも言えないし。

ていうかiPhone使えるような年齢なら自分で買いに来い。


そういえば、iTSの利用規約が変更されていたみたい。曲を買おうとすると、新規約を承認すれと言ってくる。こういうときいつも思うのだけど、前の規約との違いが簡単にわかるようにしておいてほしい。

法律の改正案みたいに、修正部分だけ書けとは(間違っても)言わないにしても(笑)。


ISPと共謀してユーザーのWebアクセス履歴をトラッキングしていた広告会社

アプリケーションレベルの手段だけではトラッキングできないような通信インフラになっていれば、私たちのプライバシーは守られて安心ということです。IPアドレスが数日で変化するのが普通であれば、また、第三者クッキーを拒否していれば、そのような条件が満たされます。
最近のことはよく知らないけど、ISPは個人に特定IPアドレスを割り当ててるのかなあ。費用面から考えて、可能性は低そうだけど。警察に言われてアクセスログを出すにしても、もろに個人が特定できることに危惧を感じないかな。通信事業者として。
とはいえ、auの偉い人が以前、当社は1携帯1IPアドレスを既に実現、とか自慢げに言っていたような気がするから、携帯はその方向に動く力が働いているのだろうな。
しかし、日本の携帯電話では、最近、個体識別番号の常時送信が行われるようになり、アプリケーションレベルの手段だけでトラッキングができてしまうようになってしまいました。携帯電話会社は直接的に違法行為をしてはいないのでしょうが、通信の秘密の本来の趣旨を達成できない状態にしてしまいました。日本の携帯電話にはプライバシーはありません。
これって憲法違反なのかな。やっぱり。
教えて法律家のえらい人。


NHKとJoostが提携、番組のオンライン配信を実施

iTunes StoreでNHKアーカイブスオンデマンドを展開すればなぁ,とは思いますね.
いいなあそれ。


地デジで有名な「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました

B-CASカードの仕組みから考えて原価は相当安いはずであり、公開されている財務状況からだと明らかにカードの原価が高価すぎる。一番利益を出しているのはB-CAS社ではなく、カードを作っている会社ではないか。
だそうです。
メモ。

トンネルとかなんとかは、煽りなのだろうけど、問題の本質ではない。
何が問題か、きちんとさせておくと、TVのような公共性の高いものに必須の機材の製造を独占していることが問題。その結果として、わしらは異様に高いものを買わされている疑いがある。

はっ。そういえば石油もそうなんだお。
なんて馬鹿なわしら。(笑)


やばいぞ「篤姫」

一時は「もう観ない」と宣言した「篤姫」だが、このところ、いけない。日曜になると「さあ今日は「篤姫」だ」と朝からそわそわ。
にやにや。
面白いものはどう難癖つけてみてもやっぱり面白い。

役者が上手いのかもしれないな。堺 雅人がたいへんよい。映画「アフタースクール」でのとぼけた大企業社員役もすごくよかった。

!そういえば「アフタースクール」の感想文書いてなかったあぁぁぁ。

余計なことを思い出したので今日はこれでおしまい。


と思ったけど、あまりに明確な釣られてくれサインが点滅しているので。

公開できない「暗部」のある組織はもうもたない、でもそれだけのこと」

正直は最大の武器、という意見には、期せずしてその実践者となっているわしは賛成。

世の中の組織の大半が、公開できない「暗部」を持っているという思いこみを、ひろゆきさんという人は、何で持ってしまったんでしょうね。彼は、何かそういう情報が集まる特別な情報源でも持っている人なんでしょうか?
この部分は微妙な気がする。暗部というほどではない、ちょっとした歪は普通にあるものだし。それを針小棒大に取り上げて商売のタネにする○○ゴロも普通に居る。TVとか(笑)。

でもでもおいらが釣られたのはそんなところではないのです。

それはネタとして消費されやすいものですが、それだけに、一気に広がってすぐに他に流れる、王蟲の群れの襲来と同じです。

間違って王蟲に襲撃されてしまっても、王蟲が去った後に村を再建できれば、そんなに大したことにはならない。

ちがうぞぅ。
「やがて力尽きた王蟲のむくろを苗床に腐海の胞子が芽吹き、こうして腐海は瞬く間にひろがっていくのぢゃ」
とか何とjかオババは言っていたはず。

村の再建は遠い未来の不確実な夢(笑)。

でも、王蟲の犠牲で生まれた腐海が、汚れた土を浄化するのが摂理なら、それはむしろ確実だけれど遠い未来というべきなのかな。

|

« 雑記080708 | Main | iPhone触ってみた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記080712:

« 雑記080708 | Main | iPhone触ってみた »