« 「ミラクル7号」 | Main | 雑記080701 »

2008.06.30

気候変動と人の移動

日経本紙経済教室「温暖化防止サミットの焦点 安全保障の視点 重要に」

は、気候変動で生活できなくなった難民の、都市への移動、国境を越えた移動について触れていて、いまさらかもしれないが良い視点だった。
もっとも、結論は二酸化炭素削減に落ち着いてしまっていて、やや迷走している。

人の振る舞いに因らず、自然環境というものは変わるものだし、地震と付き合いが長いわしらは、それを当然として受け入れるメンタリティがあるはずだ。二酸化炭素削減のような、人為的な枝道に迷い込むよりは、来るものは来ると達観して、人の移動に備える方がいいのかも。

ちょうど、西ローマ滅亡以降の、民族移動のガイドブックみたいな本を読んでいるところで、こういうことは普通に起こり得るのかという考えに傾いているところに、ちょっとタイムリーな記事だった。

|

« 「ミラクル7号」 | Main | 雑記080701 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 気候変動と人の移動:

« 「ミラクル7号」 | Main | 雑記080701 »