« 雑記080624 | Main | 気候変動と人の移動 »

2008.06.29

「ミラクル7号」

「少林サッカー」「カンフー・ハッスル」で、「ありえねー」面白さを見せてくれたチャウ・シンチーが監督・製作・脚本。この人のつくる映画は、可笑しさと切なさがないまぜになって独特。今回もその期待を裏切らない出来。ただし、設定はこじんまりしているので、今度は趣向を変えて、どらえもん風味の小品を丹精込めて作ってみましたという感じか。以下ネタバレ。

小学生の学園もの?としては、設定からキャラクタからストーリーまで、かなりオーソドックス。いじめっ子グループと一緒に喧嘩両成敗で立たされて、ふとしたことで仲直りするとか、美人で一途で仕事熱心な女先生登場とか、もう絵に描いた様なお馴染みの話しが、きっちり組みあがっている。そうして基本を踏まえた上で、ディテールの随所にこの監督らしさが出ていていい。

出だしのしばらくは貧乏親子の日常生活をじっくり描くのだけど、その中で、ゴキブリを使った笑いのシーンがあって、ここの笑いをとるときのエスカレーションのさせ方がうまい。それも、さりげなく処理して次へ繋いでいくので、無理やり笑わせるようなTVのバラエティなどにありがちな毒々しさがなく、さっぱりしている。
ほかにも、ありえねー的な笑いがあちこちにあって、漫画的なところは少し抵抗があるけど、徹底してい嫌味はない。
自作のパロディのほか、MI2(だっけ?)の有名なサングラスのシーンもパロったり、笑いのメニューも盛りだくさん。

そして何と言っても、うら若い美人のユエン先生だ。チャウ・シンチーという人は、男の観客の目線を、骨の髄までわかっているよね。間違いなくわかっている。よいなあユエン先生。こういう俳優さんを自分で見つけ出して起用するあたり、監督の目線の置き方が好きだ。チャウ・シンチーは我らの仲間。他人とは思えない(笑)。

そうそう、主役の宇宙人のおもちゃ、ミラクル7号のことをすっかり忘れていた。これはもう、どらえもんのパロディだろうか。いやETかな。何の役にも立たないところが、監督入魂のキャラクターらしくていいのだけど、そんな役立たずが、最後に献身的な働きで電池切れになってしまうところなど、切ない。ところが、エピローグでちゃんとお約束が用意されていて、これも嬉しい。

目に付くところだけ拾っても、次から次によいシーンが浮かぶけれど、それを支えるように、監督の個性がしっかり出ているのが、一番よい。

ところで、チャウ・シンチーに負けない演技をしていた主役の子は実は・・、それは公式サイトを見てのお楽しみ。信じられない驚きがあります。

あまり話題になっていないけれど、作品にも、役者さんの実生活にも、チャウ・シンチーらしいヒューマニズムを存分に感じさせてくれる一本でした。

|

« 雑記080624 | Main | 気候変動と人の移動 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ミラクル7号」:

« 雑記080624 | Main | 気候変動と人の移動 »