« 雑記080623 | Main | 「ミラクル7号」 »

2008.06.24

雑記080624

ロイヤリティというものは、自分の仕事に対して持つべきであって、集団とかバッジとかに対して持つものではない、というのがおいらの考えだけど、どうも世の中の大半は違うらしい。毎度のことではあるけど、困ったな。


ボトムアップのシステム化に業務改革は無理

「この先,生き残るためにどうしたらよいかを考えているのに,こんな現状を踏襲しただけの情報システムを作ってどうするのか。ここには戦略は何もない。こんなのはぬるま湯のシステムだ」。出荷・配送システムの最終計画承認のために社長室で開かれた会議で,社長が声を荒げた。
ありがち。
情報システムの中には,「業務改革」につながる可能性がある「種」がそれこそ無数に隠れている。しかしそれが「大きな芽」となって土の中から地表に出てくるためには,経営方針との合致が必要だ。それがなければいくら高度な技術を使おうと,どんなに使い勝手が良かろうと,「前よりは良いシステム」にすぎない。
ここで例に取り上げられているのは在庫管理システムだけど、システム全般についても言えるお話し。

例えば、営業支援システムを更新するということは、新しいシステムに内包されている営業スタイルを丸ごと受け入れるという側面があるのだけど、その辺りがなかなか理解されない。単にUIが使いやすそうとか、そういうレベルの話しではない、という種類のことを言って人の恨みを買うのは、いかにも損な役回りだよなあ。


放送法の改正で変わるNHKのインターネット事業

現在考えられている内容は大きく分けて,「見逃し番組」サービスと「特選ライブラリー」サービス(図1)になる。前者は,権利関係がクリアになった1日当たり10~15番組と,「おはよう日本」などのニュース5番組を,放送後1週間程度配信する。後者は過去に放送した「大河ドラマ」や「朝の連続テレビ小説」,「NHKスペシャル」といった大型ドキュメンタリーを配信する。
へむへむ、まずは妥当なところから。

大河ドラマでもう一度見たいのは何だろう・・・
視聴数ランキングくらいは当然やるだろうけど、面白い結果が出るかも。


6月30日、ついにXP販売終了へ

linux + open office をいよいよ考えることになるのかどうか。winのある種の楽さ加減に慣れてしまうと、もはや面倒ではあるけど。

|

« 雑記080623 | Main | 「ミラクル7号」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記080624:

« 雑記080623 | Main | 「ミラクル7号」 »