« 雑記080408 | Main | マナーもほどほどに »

2008.04.08

内閣府の統計は嘘?

「90%という段階で不審ではないでしょうか。」

これは、目下熱いギロンが交わされているこちらの記事の、「一技術屋」さんのコメントなのだけど、ひとつのエントリ分の価値があると思うので、取り上げてみますた。

諸氏ご存知の様に通常、何らかの統計で“90%”といった数値が出る段階で極めて異例です。
仮に学会で同様の“調査結果”を発表したとすれば、まず間違いなく統計資料の精査及びそのエビデンス提出を求められることになるでしょう。

http://www8.cao.go.jp/survey/tokubetu/tindex-h19.html

実際に内閣府が行ったとされる調査結果が上記リンクから確認できますが、

> 近年、子どもたちに悪影響を与える恐れのある以下に示すような情報(「有害情報」と言います。)が多くなっています。
(中略)
> 子どもがインターネット上の有害情報に携帯電話等でアクセスして被害にあうケースも増えています。

といった内容の紙片を提示したうえで規制についてアンケートをとった、とされています。

この調査結果の統計を確認しますと、そもそも対象の70%以上が有害情報に関する規制についてほぼ全く知識を持っていないことが判ります。

規制について何も知らない層に対して“有害”=“害が有る”情報と称して説明し、それを“規制すべきか否か?”と問えば、それは『規制すべきだ』と応える人が大半であるのは当然でしょう。
もっとも、そうであるにしても90%は大きすぎる数値です。

他にもこの種の統計としては不自然な数値が随所に見られ、この結果を元に『民意』としてしまうのは少々無理があると存じます。

また、この調査を請け負った(社)新情報センターは不適切な調査を行ったとして処分を受けた過去を持ち、役員も内閣府や総務省から受け入れているなど、そもそもの中立性についても疑義が提示されていることを付け加えさせていただきます。

うーむ。本当かな。本当だとしたらかなりいんちき風味だな。
これに対する弁明ってどうよ>内閣府。

わしら素直な一般人は騙されないようにしないとね。


もっとも、これとはまったく別件で、先日とある資料に、「内閣府のホームページにこれこれのケーススタディが載ってるから、まあ法律的な問題は少ないでせう」てなレポートを出して顧客を煙に巻ご理解をいただいたばかりなだけに、人のことは言えないわしだが(笑)。


そんで、本題の方のオチだけど・・
これだ。
すばらしい(笑)。

|

« 雑記080408 | Main | マナーもほどほどに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内閣府の統計は嘘?:

« 雑記080408 | Main | マナーもほどほどに »