« 雑記080416 | Main | 「魔法にかけられて」 »

2008.04.18

雑記080418

つらつら書いているうちにしまりなく長くなった。

嫌中的なアプローチはチベットの利益にならない

チベット問題に関して重要なのは中国当局が合理的判断によってチベットへの暴力行使を止め、自治の方向へ向かい始めるような流れを作ること。

面子を重視する中国のこと、嫌中的なアプローチでは多様な中国内の親チベット派にすら反感を抱かせかねません。

それでも悪いのは中国だ?もちろんその通り。

しかし今この場合最優先なのはチベットの利益であって、中国の不利益ではない。

同意。
ちなみに、チベットというところについて、何も知らないおいらは、とりあえずWikipediaだけ読んでみた。

中国があの地域に武力侵攻したのが第二次大戦後間も無い頃。それまではひとつの民族はひとつところにまとまって自治を行うよろしと言っていたのが、方針変更で併合したとのこと。

なるほど、そこから始めれば悪いのは中国。
なんだけど、その頃もそれ以降も、武力侵攻というものはそれなりに発生して、そのたびにわしらは憤慨したりするのだけど、もし元に戻せというなら、ではどの時点まで?という、返答に窮する話しに突っ込んでいかねばならなくなる。

悩ましいであります。


ところで、Wikipediaだけでは、あの地域の人の生活はよくわからなかった。テレビで見かけるのはシルクロードみたいなお話しばかりだし、そこに出てくるのは不思議なことに僧侶ばかりの印象だ。以前何かの番組で、まだ10歳かそこらの仏門に入って間もない小さな子供が、なぜ坊さんになろうと思ったのか聞かれて、「坊さんになればご飯が食べられる」と答えていた。きかんきな暴れん坊風の子が、屈託ない笑顔でそう答えていたのが、痛い記憶として残っている。

そういうわけで、「文化が壊される」など高僧達の危惧は理解できる一方で、鉄道開通やら資源開発やらの経済発展があの子の未来を豊かにすることができれば、仏教とか自治とかは二の次でもとりあえずいいのだろうかとも思ったりするのだった。


もちろん、今現在批判されているのは、暴力を伴った人権侵害についてなのだろうけど、それが歴史のプロセスの中でどういう役割を持たされているか、という難しさは残るのではないか。

というわけで、人権尊重賛成、経済発展なお賛成。

もう少しあれこれ読んでみないと、この特定の地域について何か言うのは、私には難しすぎるというのが正直なところ。

|

« 雑記080416 | Main | 「魔法にかけられて」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記080418:

« 雑記080416 | Main | 「魔法にかけられて」 »