« 「ブラックサイト」 | Main | 雑記080414 »

2008.04.14

国内リサイクル産業の苦境

クローズアップ現代で、リサイクルを取り上げていた。資源ゴミを中国が高く買うので、国内だけで閉じた仕組みとして法制化されたリサイクルシステムが成り立たないということらしい。

正直、何が問題なのかよくわからなかった。日本で使用済みペットボトルが高値で中国に売れて、資源として再生されているのだから、「リサイクル」は立派に機能していると言うしかない。

なんとか協会が仕事がなくて困っている? それは当事者はたいへんだろうけど、実はどうでもいい。
中国の人件費もいずれは上がるから、そのとき国内にリサイクルシステムが無いと困る? でも、回収までの仕組みはずっと動き続けているのだから、あとはそれを再資源化するためのプラントの立ち上げだけだろうから、再立ち上げにさほど時間を要するとも思えない。

なんだか、人件費はじめ製造コスト全般が安い中国に、国内産業が仕事を奪われました、というだけの話しにしか聞こえないのだけど。

それは他の全ての業種について起きていることだけど、リサイクルを殊更に取り上げる理由というのが、よくわからなかった。

|

« 「ブラックサイト」 | Main | 雑記080414 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国内リサイクル産業の苦境:

« 「ブラックサイト」 | Main | 雑記080414 »