« 「アニー・リーボヴィッツ」 | Main | ボヤ »

2008.03.03

雑記080303


広告主はTVから説明責任をもとめる

いよいよ海のあちらでは公に議論が始まったりするのだろうか。
と思ったら、こちら側でもこんな話しが。

正直、テレビはもうダメかもしれん

今やテレビは「情報スクリーンセーバー」程度の意味合いであって、テレビ番組を始めほとんどの情報はスルーされているという事実を、どの段階で放送局が受け入れるのだろうか。
確かになあ。。。

私としては、最近見た国産ビールのTV広告で、竹内結子の色っぽさにぞくっときたりしているので、TV広告も悪くない(ときもある)とは思う。ていうか、いいものは繰り返し見てます。


わしの不満はむしろ、どうして映画でああいう貌を見せてくれないのかと。ああ脱線(笑)。


日本版SWFは第二の「新銀行東京」になるか

道路財源なんて氷山の一角でしかない500兆円の埋蔵金、特会の中身を徹底的に洗い出して情報公開し、一般会計に繰り入れるべきものは入れるのが本筋である
へむへむ。とりあえず各個撃破中ていう理解でいいのかな。


たまの休みなので部屋の掃除でもしよう

映画「ノーカントリー」のネタバレがある。それならそうと断りを書いておいてくれー。
国境を越えて持っていけないもの? 何だろう。


ログイン操作なしでユーザー認証が可能――ドコモ、「iモードID」を導入

こっちの方が真性NGNっぽい?
それで、落としたり盗まれたりしたときどうするのかと。


かわいい自分空間「ウロコヤ」

Googleのオフィスか。


異なるWebサイト間でシングル・サインオン,OpenID普及団体が日本支部設立へ

もしかして、前に登録したとき反応が無かったのは、日本語でやったからなのかな。
すると日本支部ができたのなら、もう一度やれば今度は反応があるかな。
でも「このメールアドレスは登録済みです」とか出てまた埒が明かないことになりそうな。


新技術の登場で加熱するRIA

メモメモ。


消費税論議を吹き飛ばす、相続税改正の大きなパワー

消費税率を引き上げるより、相続税率を引き上げる方が、国民の痛みは圧倒的に小さい。そもそも遺産というのは、「棚からぼた餅」のように入ってくるお金である。そこに大きく課税されても生活には影響しない。
確かに一理あるし、借金だけもらったわしとしては、相続税100%に賛成ではあるけど・・。
でも例えば、オーナー経営を代々続けてきた老舗企業なんかは、従業員も含めてこぞって反対なのじゃないかと。長年かかって蓄積したノウハウが切り売りされる危険を考えると。

一見良さそうなのだけど、どうなんだろ。


「著作権は混迷」「ダメと言ってもネットは止まらない」──東大中山教授

「著作物の経済財としての地位」が向上したため「処理しにくい人格権が流通を阻害している側面がある」と指摘する。著作権者の多くは『著作物をできるだけ利用してほしい』と望んでいるはずだが、強い人格権が邪魔をする」
だそうです。

|

« 「アニー・リーボヴィッツ」 | Main | ボヤ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/40362667

Listed below are links to weblogs that reference 雑記080303:

« 「アニー・リーボヴィッツ」 | Main | ボヤ »