« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

2008.02.27

デフラグが効かない

仕事場のパソコンがこのところとみに遅くなっている。特に立ち上げた直後は延々と10分くらいディスクにアクセスしまくっていて、何をそんなにやることがあるんだろうと訝しんでいる。

それで、久しぶりにデフラグでもしてみるかと思って、ディスククリアしてからやってみた。
夕方走らせておいて、朝、完了したのを見てみると・・・
Deflag1

これって効いてるのかなあ。
赤い筋があまり減っていないような。
青い筋は確かに増えているのだけど。

空き領域が少なくて十分デフラグできなかったというわけでもなさそうだし。

よくわからん。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

光学迷彩建築の夢

カラー電子ペーパーのすごさを、やっと理解(動画)

いきなり光学迷彩とか言うと草薙素子ですかになってしまいがちだけど、もう少し夢のありそうな用途を考えてみた。


これをビルの壁面に使う。反対側の景色を映し出す。
空を覆うばかりの巨大建築の圧迫感は空気のように消えて、東京に広けた空が戻ってくる。

どうでしょうか。

鉄とガラスとコンクリートの最終段階に入っている今、新しい道はこのあたりにあるかも。伊東豊雄あたりがやらないかな。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.26

雑記080226

あー書類づくりがまんどくさい。


「Elastico」ゴムバンドで挟む本棚

おお。張弦梁。


これはそんな感じ

どうやらGoogle様、最近、文章を読んでいるみたいなんですよ。
本当だとしたら凄い。


イー・モバイル、音声サービスを3月28日開始へ--HTC、東芝が端末を供給
So-net、下り最大7.2Mbpsの高速モバイル通信サービスを開始--イー・モバイルの回線を利用
イー・モバイル利用開始

ベストエフォートのサービスなのに、こんなにあちこちで使い始めているようでは、混雑に拍車がかかってパフォーマンス下がってしまわないだろうかと取り越し苦労。

芥川龍之介「蜘蛛の糸」をちょとだけ思い出した(笑)。


原発・正力・CIA

この「正力構想」はGHQに後押しされ、テレビの方式はアメリカと同じNTSCになったが、彼が通信まで支配することには電電公社が強く反対し、吉田茂がそれをバックアップしたため、正力構想は挫折した。
そういえば、電波の対価として通信会社が払っている額と放送局が払っている額がなんだか桁違いに違うのはおかしい、という話しが一時期盛り上がったと思ったけど、その後どうなったのかなあ。

地上波デジタルに切り替わってそのあたりは是正されたのだろうか。


このへんでドロンします

そこはかとなく昭和を感じるへっぽこフレーズが1ページに1つ、イラスト付きで解説されている。
「へっぽこ」も懐かしい響き。

ところで「半ドン」の由来だけど

この本にはちゃんとした由来が掲載されていた。
えええ?「皇城前あたりで昼を告げる空砲がドンと鳴る」からじゃなかったのですかい。知らなかったよ。

因みに「皇城」ていうのはおいらのおばあちゃんが使ってた言葉。


木造ガンタンク

しかも操縦者はジャン・レノ(笑)。


米ヤフーのヤンCEO、中国人活動家の釈放支援を米国に要請

とりあえずメモ。


英国、違法ダウンロード撲滅へのISPの協力を義務化する立法を検討へ

これもメモ。



どーも考えるのもまんどくさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.24

雑記080224


NGN商用サービスの技術資料を公開

全然知らなかったけど、だいぶ以前に公開されてたみたい。取り急ぎコンテンツ配信サービスのあたりだけ見てみる。

NTTが割り当ててくれるv6アドレスを使えばいいらしい。アドレスの所有者はNTTという理解でいいのかな?

センタ側の端末機器と網との間で帯域確保したユニキャスト通信ができる。帯域確保したマルチキャストはできません。と。網の外へ出てからやってねということかな。


紹介記事の方を読むと、フレッツとの違いとして、

RADIUSでユーザー認証に使う情報の種類は異なる。フレッツの場合,「電話番号」と「フレッツナンバー」の2種類だが,NGNでは「発信者回線情報」と呼ばれる情報を使う。ただ,これが具体的に何を指すのかはドキュメントに記述がない。
ここで「認証」と言っているのは、NTTと網利用者との間の認証なのだろうけど。網利用者どうしの間(アプリケーションユーザとサービス企業)間はどうなるんだろ。自前でやるのかな。それじゃ今までと大差ないような気がするから、そんなことはないだろうけど。


それにしても全体にざっと読んでみると、なーんかもう知らないことだらけで悲しい。目の前の忙しさに取り紛れていると、世の中からどんどん置いていかれてしまうことよ。



モバイルSuicaが有料に!

そうなんだ。
といってもおいらには影響ないかな。

コンビニとかviewカードからのチャージは変わらず無料だそうです。



こりゃかわいいUSBハブ「ハブマン」

蛸足配線も可能な「ハブはっちゃん」も付作ってほしい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Brillia SHORT SHORTS THEATER

MM21にショートフィルム専門の映画館ができたので、行ってみた。場所はちょっとわかりにくくて、最近できた高層マンションの低層部分の商業施設の一部として開館したようだ。
スクリーンもそれなりの大きさで、客席は十分な傾斜があり、シネコンで見るのと同様に快適。ショートフィルム専門といっても、普通の映画も上映できるだろうから、いずれは何かあるのかもしれない。


杮落としは、5本セットのプログラムがA、Bの2種類で、各1000円、1時間程度。

今日はプログラムAを観る。以下ちょっとネタバレあります。

5本のうち、最初の1本と最後の1本はそこそこ印象に残った。最初の1本は「よりよい生活を求めて言葉とルーツを捨てた全ての人へ捧げ」られたもので、非常に今日的でシリアスなテーマ。これのよいところは「国を捨てた」などと間違っても言わないところ。肝心なのは「言葉とルーツ」なのだ。日本人でこんな思いをする人は・・これから増えていくのかもしれないヨ。

最後の1本はうって変わって、男どうしの共感にこみ上げてくる熱いものを笑いに昇華した(笑)作品でアイデア勝ち。

音楽アルバムを3000円で買って2~3曲いいのがあればOKみたいな感じのお値頃なプログラムだった。プログラムBも楽しみ。


というわけで、私はこういうのが出来て嬉しいけど、よほどの好き者でないとそうそう観には行かないだろうから企画はがんばる必要はある。世界中の良いショートムービーを見たいのはもちろんだけど、少しキワモノ企画として勝手な希望を書かせてもらうと、
1.TVコマーシャルフィルムの特集をやってほしい。
2.TVゲームのショートムービーの特集をやってほしい。
作り手のインタビューなどあると尚うれしい。

MM21に遊びに行くにはいいネタができた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.23

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」

脚本はすごく悩んだろうと思う。でも残念だけど失敗していると私は思う。原作の雰囲気は微妙で壊れやすいから、2~3時間以内の映像だけで表すのは誰がやっても難しいだろう。ましてや、ライラのお話しは、1巻目は単なる序章として謎と伏線を張りまくる位置づけだから、ここだけを取り出して映画1本にするのは、どう考えても納まりが悪い。

序章としての「黄金の羅針盤」で大切なことは、ライラのキャラクタの確立、ダイモンという存在の定着、そして背景となるライラの世界のおぼろげな輪郭の描き出し、といったところだろう。この辺りが達成できれば、次回「神秘の短剣」以降の話しに納得感が出てくる。映画ではそれができたかどうか。以下ネタバレ。


話しの展開を急ぎすぎたために、ライラの世界は何だかよくわからないものになってしまった。ライラのような年頃にとって、世界というものは、断片的な情報がちりばめられた謎の塊だ。自分で歩き回って冒険を経て、それなりのヴィジョンを得ていくものなのだ。
ところが映画では冒頭から、この世界の全体像を陳腐なパターンに落とし込んで説明してしまっている。これでは、ライラの目線で世界を見て、不屈のライラ・シルバータンと共に冒険するこの小説の醍醐味を味わえない。

急ぎすぎたことは、他にも悪い影響を与えている。イオレク・バーニソンは人間の勇者のようにパターン化して描かれていたけれど、本来は人間とは違う世界観を持った生き物だ。これは後々尾を引いてしまいそう。セラフィナ・ペカーラの登場と活躍も唐突すぎて、彼女が一体何者なのかさっぱり見えなかった。小説では寄り道して魔女達のエピソードを描いてその背景もよく見えるのだけど。ロジャーは映画では親友と呼ばれていたが、むしろ弟のようなものだろう。Ⅱでは彼がライラの行動の鍵になるから、これはかなり筋違いな話しになってしまいそうだ。リー・スコーズビーだけは、原作のイメージに近いが、人間だから描きやすかったということだろうか。

こうして挙げてみればきりがない。これだけ違ってしまっていると、あるいは原作とは違うお話しにする予定なのだろうか。それならそれで、次作を待ってみるか。

良かった点も一応挙げておくと、コールター夫人は雰囲気出ていた。ニコール・キッドマンの瞳に不自然なくらい青を上乗せしていたのが効果的。女の子にとって母親ってどういうものなんだろうと思いつつ、夫人だけはⅡ、Ⅲも期待できそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

個人情報は個人の手元に

Web3.0、あるいはデータの自己コントロール権

仲の良くない友達は家に来て欲しくない、自分の部屋にはみだりに入って欲しくない、入ってもいいけれども机を覗くのは勘弁、という感覚がデジタル化されオンライン上に展開しただけである。根本のところは変わらない。

この種の話しではNGNに期待できるかもしれない。発信番号の身元をNGNサービスのキャリアが保証してくれることになれば、解決は難しくない。

○個人情報は、個人が自分のローカルなデバイスに保持する。
○企業は、個人情報を長期間保持せず、利用者個人から利用のためのアクセスがあったときのみ、利用者のローカルデバイスに情報を取りにいく。
○利用者個人は、ローカルデバイスに記憶させている、サービス企業の正当な発信番号から要求があったときのみ、個人情報を渡す。
○ローカルデバイスとしては、パソコンと携帯を想定。

ていうことで、たぶんOKなのかな。認証局とかややこしいことが絡まないから、受け入れられやすそう。
もちろん、詐欺とかはネットに限らず起きるので、全く別の話しということで。

企業が個人情報を保持してマーケティングに使わないことを前提にしているので、やや過激といえば過激だけど、あり得ない話しではないと思う。そういう感覚が普通になれば、また違ったマーケティング手法が発達するだろうから、それを見てみたい気もする。

で、問題はそういうちゃんとしたNGNがいつごろ出てくるのかと(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.19

雑記080219

牡蠣と鰹のたたきが安かったので買ってくる。牡蠣はフライパンに油を引いてじっくり焼く。水が飛んでいくと牡蠣のエキスみたいな旨味がフライパンにこびり付いて残るので、続いてキャベツとほうれん草を炒めつつ旨味を絡めとる。鰹はそのまま山盛りの刺身で。あとは蕎麦を茹でてトマトを切って胡瓜を添えて賑やか。
これだけあっても500円くらいか。この4倍の金を出して、この半分以下の貧しい食材ででっち上げられた晩飯を、居酒屋チェーンなぞで食ういい大人が少なくない。少し生活習慣を見直すだけで全然違ってくると思うのだが。

豊かさというものは、案外足元に転がってるのかも。

ついでに食後は林檎を1個、愛用のキャンプ用ナイフで剥いて食う。
しまった600円になった。


柳美里の件

少なくとも、新聞記者にせよ週刊誌記者にせよテレビ記者にせよ、その取材方法から対応まで、取材対象から逆に監視され公開されることは覚悟しておいた方がよい。

そのような監視され公開されるリスクは、今まで相手にメディアがなくて泣き寝入りを強いてきたあらゆる職業(専門家とか教師とか)にいえることでもある。

ネットが既存のメディアに嫌われる理由第1位。


上海市民平均寿命81歳超に、高齢化問題も山積

こんなところでも、追いついてきたらしい。


メディア職とマーケティング職,就業状況で明暗がくっきり

同じようなコンテンツを作るメディア企業が数多く存在する必要がなくなっているのかもしれない
もし、専門家が自分のblogなりで発信することが普通になれば、確かに単なるメディア企業は必要なくなる。
その場合はむしろ研究機関(シンクタンク)として生き延びて欲しい気がする。ほんの一部でしかないのだろうけど。

米国の新聞とかは、これからどうなるのだろ。


Redesign the Google Logo

楽しい。
こちら経由

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.17

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

うんうん中小企業はどこも後継者不足だよね。違う。

店の支配人にして次期オーナー候補モリーは、子供の頃天才と呼ばれたピアノの才能をその後伸ばすことができず苦悩する。大人になってもできることは子供のときと同じ。それ以上にはならない。「レオン」でマチルダを演じたナタリー・ポートマン自身に引き写すのは失礼か。以下ネタバレ。

お話しは実に他愛ない。ポ-トマンの演技もそこそこ。それよりも他の男三人の方が味があってよい。中でも、エリックを演じる子役のザック・ミルズ君すごい。最近子役にばかり目が行くのだけど、なんでこう巧い人揃いなのか。子供は素直だし照れもないからだろうか。

絵としては、やはりおもちゃ屋の内部がよい出来。目がくらむようなおもちゃの数々と遊びまくる子ども達を観ているだけで結構ハッピーな気分になれる。色彩も効果的。沈んだ気持ちのときの思い切ったグレースケールの店内との対比が面白い。

マゴリアムおじさんを引き止めようとモリーが考えたプチプチダンスのアイデアとか、エリックとヘンリーが子供部屋でやる寸劇など、光るものがあった。二人とも本気で遊んで楽しんでいたのじゃないだろうか。

映像的に、またディテールでは見所のある部分もあるから、あまりお話しに拘らずに、目をさまよわせておくのがよい一本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.16

「エリザベス・ゴールデンエイジ」

ポスターの端正な女王のトサカみたいな頭を見て、観にいくかどうか大いに悩んだのだけど、とりあえず観てよかった。映画の中の女王はもう少し人間臭くて知性を好む人間に描かれていて一安心。退屈を感じてもおかしくない話しの運びのはずだけど、結構引き込まれた。以下ネタバレ。

史上では、母と姉は処刑の憂き目にあっているし(姉は自分が処刑の命令書にサイン)、恋愛も何度かしてるし、国王至上法とかも復活させて、法王から破門されてもへいちゃらだし、いろいろ新しい試みをやっている人だそうな。映画はそういったエピソードを、女王の素顔を絡めつつ描いていって、アングロサクソンの拡大の礎になったこの弱小イングランドの女主人の断面を見せてくれる。

当時、貧乏だった英国が金持ちスペイン船への海賊行為にお墨付きを与えていたのは事実みたいだし、怒ったフェリペ2世が、ほかにいろいろかこつけながらも大海軍を差し向けるのはむしろ当然。なんだけど、海賊風情みたいな軍隊でこれに勝ってしまうあたり、ただものではないのであります。自分で指揮したわけじゃないのだけどね。人の使い方が上手いのかもしれない。

何かというと神様とか大義とか持ち出すのは、平和な時代に優越的な地位にある者に有利な思想であって、弱小国でそんなことをやっていたら既存の序列に組み込まれるだけだ。そういう思い切りと現実主義がこの女王様(と側近達)の良さだろう。

そういう誰も恃むところのない自律の気概あるわれらが女王様的な良さと、やっぱりそこは女だもの回りがなんとかしてやらなくちゃな的な結束の芯とが同居したのが、この稀代の女王様だったといえるだろうか。

こういう役はケイト・ブランシェット似合う。撮影の背景の重厚さもなかなか。
ということで、映画そのものを楽しむというより、エリザベス一世という人に思いを馳せるのに恰好の一本でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑記080216


7200本のバナナで作った壁

バナナの濃ゆい香りで酔いそう。


ストローで作ったお面から漂う邪気

邪気というか妖気ですな。

コップ一杯分全部を力一杯吸い上げても、最初の一滴はまだチューブの中を通過中の悪寒。
飲みものを口にする前に立ちくらみがして倒れてしまいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.15

CrazylawsUS080215

アーカンソー州

A man can legally beat his wife, but not more than once a month.
これ、アリゾナ州にもあった。

An Arkansas legislator not long ago proposed that the state provide growth hormones to dwarfs.
ドワーフがいるなんて・・さすが中つ国。
で、ドワーフに成長ホルモン与えてどうしようと。

Arkansas must be pronounced "Arkansaw"
現地人も間違えるんだな(笑)。

It's illegal to mispronounce the name of the state of Arkansas in that state.
しかもそれは罪なのである。

Fayetteville: It is illegal to kill "any living creature".
殺生は罪。
畜産業者は居ないのかな。

The Arkansas legislature passed a law that states that the Arkansas River can rise no higher than to the Main Street bridge in Little Rock.
一体、アーカンソー州では、法律ってどういうものだと思われてるんだろ(笑)。

カリフォルニア州

A city ordinance states that a $500 fine will be given to anyone who detonates a nuclear device within city limits.
いきなり来たな(笑)。
罰金の額の問題というよりは、それは「罪」であると言うために出来た法律なのかな。

Animals are banned from mating publicly within 1,500 feet of a tavern, school, or place of worship.
worshipって知らなかった。
mateも。ていうかそういう意味もあるんだ。

Arcadia: Peacocks have the right of way to cross any street, including driveways.
なぜ孔雀だけが特に・・。州の鳥とか?

Bathhouses are against the law.
うーむ。bathhouseには何か特殊な意味があるのだろうか。
goo辞書には特に何も書いてない。

Burlingame: It is illegal to spit, except on baseball diamonds; Carmel Ice cream may not be eaten while standing on the sidewalk. (Repealed when Clint Eastwood was mayor); Women may not wear high heels while in the city limits.
クリント・イーストウッドはキャラメルアイスクリームが好きだったのかな。
ところでキャラメルって"caramel"みたいなんだけど。

California only fairly recently legalized the sale of alcoholic beverages in nudist colonies.
"only"のニュアンスがわからない。

Car wash attendants in San Francisco, California may not use old pairs of underware to wash or dry vehicles.
"pairs of underware"がよくわからない。
古くなったTシャツを雑巾にすることは、以前はよくあったけど・・
ガソリンスタンドで停めた車のガラスを拭いてくれるはいいのだけど、それが黄ばんだパンツだったりしたら、それは嫌だわ(笑)。てことなのかなあ。謎。

Hollywood: It is illegal to drive more than two thousand sheep down Hollywood Boulevard at one time.
"Boulevard"は知らなかった。
映画の撮影でやってしまった人がいたとか?

In Los Angeles courts it is illegal to cry on the witness stand.
witnissってそういう意味なんだ。

In California it is illegal to have caller ID
goo辞書によると"caller ID"は「発信者番号通知サービス」だそうな。
うーん。でもこの法文は「発信者の番号を手に入れることは違法」でいいんだろうな。
少し前まで、これは当然だった。

どんな法律にも、成立したときにはそれなりの合理性があったということか。

In California, selling a gold piece without tooth marks in it is considered forgery.
歯型の付いてない金片は偽造(笑)。"tooth marks"に何か特別な意味があるのだろうか。

In Riverside, California, kissing on the lips, unless both parties wipe their lips with carbonized rose water, is against the local health ordinance. (Someone needed to be kissed!)
エドガーとメリーベルかい(笑)。

In San Francisco, it's illegal to beat a rug in front of your house.
ベランダに干した布団を叩いてはいけない、みたいなのかな。

It is illegal to pile horse manure more than six feet high on a street corner.
街の辻に、馬の堆肥を積み上げる風習でもあったのかなあ。
"horse manure"がわからん。

Los Angeles law forbids hunting moths under a street light.
ゴジラ襲来に備えるため(笑)

Many animals are illegal to own as pets, including snails, sloths, and elephants.
かたつむりもだめとは。しかも象と同列の扱い・・
確かに、大発生したのが車なんかに轢かれると非常に臭うけど。


No alcohol beverages can be displayed within five feet of a cash register of any store in California that sells both alcohol and motor fuel.
これでも走るか試してやろうという人が後を絶たなかった。とか(笑)


Persons classified as "ugly" may not walk down any street.
厳しいな。

The city of San Francisco holds a copyright on the name "San Francisco." It is illegal to manufacture any item with the name without first getting permission from the city. Since the Supreme Court upheld the copyright, San Francisco has had an annual $300 million surplus every year.
この件については、観光地は結構真剣。


蝶とか雄鶏とか孔雀とかアヒルなどが出てきた。熊が出てきたりするところとの違いが面白い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.14

雑記080214

原価が問題なんだよー。
それがわからないで値付けはできないよー。


つばめサイズの小さな恐竜;pterosaurが中国で発見される

やっぱ中国4千億年には勝てんわ。


「料金、速度競争は自らを土管にする行為」--ソフトバンク孫氏、スペインで講演

 では、携帯電話会社は何をするべきなのか。孫氏はインテグレーション(統合)が鍵だと話す。「システムやコンテンツなどを統合し、優れたユーザーインターフェースを提供する必要がある。料金や速度で競争していては、自らを(ネットワークの)土管にしてしまう」
垂直統合モデルで利用者は入り口を押さえているキャリアで囲い込み、と。かつてのi-modeのような説だけど、ユーザから見れば、囲い込まれる不自由さを思うと、あまり嬉しくはない。

その時々の競争の有り様や個別企業のポジションによって、最適な方法はきっと異なるのだろう。
第3位から次を狙うには、囲い込み競争がいいのか、水平モデルのアプリケーションレイヤで他を圧倒するのがいいのか。

土管部分は電力と同じように、公益的な少数の企業が維持するということでどうなんだろ。

「固定通信の場合は通信容量は無限に近いが、携帯電話の場合は周波数が限られており、しかも国の免許が必要になる。
無線を使うサービスは有線に比べて制約条件が厳しい、というのはわかる。


Disneylandの新アトラクション,MicrosoftやHPと未来のデジタル・ホームを製作

ディズニーだからな・・・ディズニーなんだから、家に持ち帰った仕事を机の上に置いておくと、夜のうちに小人さんが全部片付けてくれるようなのでないとな。
でないと納得できません(笑)。

因みにアップルは参加してない・・あれ?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.13

雑記080213

不透明だ。半年先が読めない。
実は、結論は見えてきているのに見えないふりをしていたい、ということかもしれないのだが。


ケータイの車内利用について考える

でもケータイよりもはるかにうるさくて迷惑だと私が思うのは昔からいわれているけど、車内アナウンスだ。
禿同。
乗客のマナーをどうこう言う前に、自社のマナー違反に気づいてもらいたい。一向に改まらないのは、何か理由があるのだろうか。

便乗して言うと、真夜中に鳴かせる偽鳥の声もやめれ。
夜、ありえないあの鳴き声を聞くとぞっとする。

あ、フクロウの声ならいいのかな(笑)。


トールキン財団、ニューラインシネマを提訴

映画会社はあらゆる会計のカラクリを駆使して、一見無関係な経費を映画の費用として次々と盛り込みます。これで、大抵の映画は収益が常に0前後になります。収益が0前後の歩合は0前後なので、映画の収益に対しての歩合契約だと、どんな当り映画でも支払いは0という、カラクリを知らないハリウッドの蚊帳の外の利権者には損な仕組みが存在しています。
そうなのか。知らなかった。

自営業者ならどこでもやっていそうな(笑)。


2008年版・「日本的なもの」への不快感

ちょうど上の記事を読みながら、TV東京のWBSを見ていると、「企業数が減っている」「研究者は海外に逃げている」「出資者は100%海外」などなど。ふーんなお話しが並ぶ。解説でいいことを言っていて、「グレーなルールが多くて、グレーなまま適用は厳しくされてしまうので、結果が見えない」。

共通の底流として、やることが「筋をはずしている」という感じがある。重要なことに手をつけずに、瑣末なことでお茶を濁している感じというか。それも、わかっていてそうしているような。

などつらつら考えていたら、番組の最後に外国人キャスターがたいへんよいことを言った。

格差が話題だが一番大きい格差は一票の格差だうんぬん。
禿同。

それにしても、それを聞く日本人キャスターの怪訝そうな顔はどうだ。
そこは「我が意を得たり」と頷くところではないのか。

いや、あれはもしかすると、「そんなわかりきったこと言うだけ無駄。言えばまたどこかから睨まれるんだから黙っていろ」かもしれないな。

そういうわけで、こんな分かりきった最大の不公平を、取り上げることにさえ嫌な顔をするメディアを見ていて、またまた「日本的なもの」への不快感を覚えたのだった。

最大の問題は、自分もそういう日本人のひとりだっていうことなんだけど(笑)。

やりきれないなあ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.12

雑記080212

朝、NHKを見ていたら、マスクに自分でいろいろデコレーションできる商品を紹介していた。今年の花粉の季節はあれが氾濫するのかなあ。
マスク全面デコ携帯みたいなのが流行ったりしたら・・

ていうか、それってマスクの機能を果たすのか?(笑)


actually, i used to love snow

いいなあこれ。
カンバスに選んだものがとっても良い。


音楽出版会社・作詞作曲者の著作権料削減を求める動き

gdgd


鉄人は二体あったらこまる

スコープドッグは水道橋の展示会に実際に見に行ってすんごい感動した。鉄人も期待してたのだけど、残念。
ここにもまた悪の著作権(笑)か。


福田政権の無為と女性的資本主義について

経済活動は個人資産が広い範囲に薄くばらけている方が活発になる。それゆえ、貧富の二極化を私は(人権的配慮よりはむしろ)穏健なる資本主義者としての観点から好ましからざるものと見ているのである。
二極化は「誇示的・記号的消費」と「享受的・実体的消費」の二元的対立という図式でとらえることもできる。
実体経済を支えているのは後者である。
今日の至言、てことで。


書評:クルーグマンのThe Conscience of a Liberal

こちらでも、中間層を太らせないと先行きあやしいというお話しが展開。



景気後退の空気を受けて、全体に微妙に軌道修正が始まったかも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.11

Crazylaws080211

アラスカ州

A law in Fairbanks does not allow moose to have sex on city streets.
南の方が熊ならこっちはへらじかですか。Mooseってへらじかのことなんだ。
でもへらじかの本物は見たことがない。北海道でえぞしかはたくさん見たが。

Kangaroos are not allowed in barber shops at any time.
なぜアラスカの地にカンガルーが・・。
そういえば一昨日の「ダーウィンが来た!」のカンガルーは表情が豊かで面白かった。

State policy states that emergencies are held to a minimum and rarely found to exist.
どう訳せばよいの。緊急事態なんてないに越したことはない、とかそういう意味か?
なるべく発動するな、かな。するとemaergency は「非常事態宣言」てことかな。


アリゾナ州

A man can legally beat his wife, but not more than once a month.
月1回くらいはいいのか・・

Glendale: Cars may not be driven in reverse.
えーっと、バックはだめてことかな? Why?


Hayden: If you bother the cottontails or bullfrogs, you will be fined.
土地神様なのかな・・ウシガエル
fineって罰金ていう意味もあるんだお。辞書に聞いて思い出した。

In Arizona it is illegal to take naked photographs before noon on Sunday.
教会でお祈りしているところは撮っちゃいけないのかなあ。

It is illegal for men and women over the age of 18 to have less than one missing tooth visible when smiling.
イリーガルですかそれが。厳しいなあ。子どもの頃から歯をよく磨けということかな。

There is a possible 25 years in prison for cutting down a cactus.
こういう言い回しもあるんだ。

Tucson: Women may not wear pants.
スカートオンリーであると。勘違いしないように。
ジャンヌ・ダルクの時代ですか。

When being attacked by a criminal or burglar, you may only protect yourself with the same weapon that the other person posseses.
過剰防衛禁止てことかな。自分のじゃなくて他人の所有せし武器、というのが変。

You may not have more than two dildos in a house.
それってそういう意味なのか。1個なら許す、と(笑)。

 

にしても、我ながら暇だな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.10

CrazyLaws080210

アメリカのおかしな法律を集めた『CrazyLaws』

英語の勉強もかねていかがだろう
というので、英語の勉強してみることにする。こちら
と思ったら、すごい数じゃないですか。めげた。

ぼちぼちやることに変更。


今日はアラバマ州

Bear wrestling matches are prohibited.
闘鶏とか闘犬とかあるけど、闘熊とは・・読めん。
アラバマってそういうところなのか。

It is illegal to maim oneself to escape duty.
兵役でもあるのかなあ・・

It is legal to drive the wrong way down a one-way street if you have a lantern attached to the front of your automobile.
うーむ。なぜ?
馬車と自動車が共存していた時期があって、馬車に一方通行は適用されていなかったとか。それで夜、ランタンを点けていると馬車とみなされておKとか?
違うかなあ・・

It is unlawful to wear women's pumps with sharp, high heels.
凶器所持違反てことで?(笑)
それとも誘惑はだめてことかな。

Putting salt on a railroad track may be punishable by death.
列車強盗でもするのかな。
でもレールに塩まくと、脱線するのかなあ・・

Slavery is still legal in Decatur, Alabama.
おおぅ。

Women are able to retain all property they owned prior to marriage in the case of divorce. However, this provision does not apply to men.
離婚は妻に激しく有利。

You may not have an ice cream cone in your back pocket at any time.
忘れて座ってしまった人が、アイスクリーム屋が事前に注意することを怠ったせいで俺のズボンがひどいことになった弁償すれ、とかごねた事件があったとか?


保守的で田舎、という印象。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑記080210

寒いとエンジンのかかりはどうしても悪くなる。押しがけも効かず。
で、昨日は寒い中を遠くのバイク屋まで、バッテリがあがったバイクを押して歩いて行った。

汗かいた。

マシーンを使って暖房効いた部屋で金払って汗かく方法があるらしいのだけど、寒い外でマシーンを押してタダで汗かくのも悪くない。


モニターの中から本当に出てきたのかもしれない子ども。

「彼」の方を向いて配列されたキーボードが発売されるのも、もはや時間の問題。
そして「彼」は自身をプログラムし始める。


とかね(笑)。



ガムはここに

面白いけど、匂ってきたりしたらいやだ。



米国経済、パチンコ直撃

パチンコの景品って、都内だと金製なんだ。知らなかった。
にしても・・

店で玉を借り、遊技せずにそのまま特殊景品に交換、転売するケースも出てきた。
吹いた。


上に経済あれば下に商売あり(笑)。



OCNに対する発信者情報開示請求

ふーん。そんなことがあったんだ。

プロバイダは穏便に商売したいだけだろうからなあ。
開示していいことは少ない代わりに、客が逃げるリスクはある。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.09

「チーム・バチスタの栄光」

主役二人の配役が旨くはまった感じのする医療ミステリ。原作は二人とも男だそうだけど、一方を女性に置き換えての脚本。以下ネタバレ。

それにしても阿部寛。彼がいなければこの映画は成立しない。傍若無人な振る舞いで取り澄ました人々の仮面を打ち砕き素顔を剥き出しにさせるという脇役的ないつもの役回りだけでなく、今回は犯人を決定付ける重要な証拠を、これも強引かつ人を呑んだやり方で手に入れる。それも二度までも。

どんでん返しがあるのが、最近のミステリのお約束なのかどうかわからないが、この作品はそうなっている。一人目の犯人(?)の動機や葛藤は、それなりに詳しく解明されていくのだけど、二人目の真犯人の動機は、私には理解不能だ。というかほとんど説明はない。それがこの映画作品の値打ちを下げていると思う。原作はどうなのだろうか。

で、その原作の方は文庫本になっていて、映画を見る前に読んでみようかと思ったのだけど、上下二巻の薄ぺらい本で各500円となっているのでやめた。一冊で700円くらいならと思ったのだが、ちと残念。

阿部寛の大活躍に対して、お話し上は、相棒役に無理やり引きずり込まれた感じの竹内結子の方だけど、こちらも案外うまくこなしていた。こういうぼけ役は向いているのかも。前作とその前のはすっぱな役回りは、どうもあまり合っていないようだから、今後はこういう役で、裏に棘を含んだぼけの奥義を極めていってほしい(笑)。

バチスタ手術というものについて初心者的な勉強ができるという点で、役に立つ映画でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.06

雑記080206

雪がちらほらと降った。冬らしい。
胡瓜がとんでもなく高い。1本100円てなにそれ。



iPod touchに32GBの上位機種登場

おお!
今使ってる16GBからアップグレードは・・もちろんできないみたい。

オフィシャル記事はこちら


06-02-2008

感触として得た最大の傾向は世界がブロック化しているということだった。
(中略)
世界中に都市が点のように割拠して、そのまわりにカオスと荒野が広がるというようなイメージ
そうなんだ。
荘園領主様でも目指してみるか。



燃え盛る高層ビルから投げられて助かった赤ちゃん

よかったよかった。
それで他の大人たちの運命はどうなったのかと。

まあ、赤ちゃんさえ助かればあとはニュース性ないと言えばそうなんだけど。orz


毒入り餃子・イタク製造元『天洋食品工場』へようこそ。

そもそも、日本の輸入元・販売元はどのような管理をしていたのでしょうか?
日本の輸入元の商社の人が真っ先に現地工場へ調査に行って、「製造工程に問題なし」みたいなことをTVのインタビューに答えて言っていたとき、ああこの人達はなんとか穏便に済ませたいのだろうなあ、とは感じた。
証拠隠滅指導なんかしてないだろうな、とまで言うのは下衆の勘ぐりというやつか。でも、
中国「天洋」ブランドだったら100円でも売れない冷凍餃子を、日本のブランドをつけて、3倍4倍の値段で販売しているのですから、そのくらいの覚悟はしてほしいものです。
禿同。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.05

雑記080205


情報と情報化

この稿は全体に極めて正論で、全面的に賛成。

「情報」を手際よく処理するシステムの開発に熱中する人は、その「情報」が「生の現実」からどうやって抽出されたのかという「情報化」プロセスには関心を寄せない。
プログラマがよく陥りがちな「全能感」は、抽象操作だけの世界に引きこもることから起きる。そのアナロジーは世界に新しい驚きを与えてきたけど、時に傲慢さと視野狭窄にもつながる。



ウェブを「匿名の卑怯者」の楽園から脱却させるには

これもはげしく正論。

完全匿名の補集合は完全実名ではない。

・・もしや、アクセス数の記録更新を狙って、あえて釣りで遊んでいるのではないかと勘ぐってみるテスト。

それはそうと、しばらく前にOpenIDに登録したはずなのに、いつまで経ってもメールが送られてこないのは仕様なのかな。



Second Lifeに忍者屋敷をオープン、伊賀上野観光協会

そして今日の最大の正論はなんといってもこれ(笑)。

「忍者道場」はSecond Lifeの基本操作を学べる練習場所で、地下牢(ろう)、財宝部屋などを通って最後の部屋まで進むと、アバター(分身となるキャラクター)用の黒装束を取得できるほか、Second Lifeの画面に専用ウインドウが追加される。

次いで「忍者屋敷」では隠された巻物を見つけ、専用ウインドウに追加することで、アバターが「水蜘蛛の術」「火遁の術」といった忍術を使えるようになる。このほか、三重県伊賀市の伊賀流忍者博物館などで提供している「手裏剣道場」などを、Second Lifeで疑似体験できる。

Second Lifeって、こういう使い方がいいのかも。わしは酔うからもう行かないけど。



シンガポールと日本

中国人ですら、中国人に騙される
ガス田の共同開発なんか相当注意しないと。
でもロシアに既にやられていたりするし、やっぱり騙されるのかな。



自動車が国内で売れない理由

人口減や若者の車離れなどの俗説をあっさり屠ったあと、原因について簡単に触れている。

 昨年国税庁が発表した「民間給与の実態」によると、年収200万円未満の給与所得者が1023万人と、21年ぶりに1000万人の大台に乗せた。こうした低所得層の拡大が、車の販売不振に結びついているのは間違いない。

 それを示す傍証がもう一つある。それは貯蓄率の劇的な減少だ。1970年代に20%台あった貯蓄率が、ここに来て文字通りまっさかさまに低下。いまでは3%になってしまった。
 車の販売台数減少と貯蓄率の低下から、次のようなことが分かる。それは、いままでは貯金を取り崩してモノを消費していたのだが、とうとう蓄えも底をつき、生活必需品である車も買えなくなったということである。

この説はかなり有力のように思える。
この後、記事は高額品が売れ、低価格品が売れない自動車業界の行方に触れるのだけど、そこは私にはなんともわからない。利益率の問題があって、自動車メーカーの本音がどのあたりか、よくわからないからだ。


NGN時代がいよいよ幕開け
ちょっと提灯風だけど。

一本の光回線で、入り口のところで、NGNとインターネットを切換えられるといいなあ。フレッツの拡張とかトーンダウンしているのなら、出来るのではないかと。
それで、NGN接続とインターネット接続のセット料金なんかあたら、契約するかも。


2008年はWEB原点回帰からスパム撲滅が射程内に

だんだんインターネットも普通の世界と同化していくというお話し。
でもそれは悪いことではないのかも。

もっとも、無名の西和彦がビル・ゲイツにアプローチした方法とかは、この考え方の延長では採れないことにはなる。取り巻きというのは良いようで弊害も小さくない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.04

雑記080204


突然の「携帯官製不況」

勝手サイトの閲覧が可能なアクセス制限サービスのメニューも別途用意しているが、こちらも危険思想に触れる可能性があるという判断から、政党や宗教などのサイトが一律でアクセス禁止。現段階では、政権与党である自民党のサイトさえ閲覧できない。
うむうむ。
そんな有害なサイトを青少年は見てはいけませんね。
学校の検定済み教科書だけ見ていなさい(笑)。
検討会には学校関係者がメンバーになっていなかった。高橋会長は「誰にどのようなフィルタリングをかけるべきなのか、私たち抜きでなぜ議論が進んでいたのか」と疑問を投げかける。
あれ?
「出席予定だった(総務省の)課長がついこの間、更迭になりました。この問題と無関係とは思えない」
ふーん。
コンテンツ立国を掲げたはずの日本は沈んでしまう。
それは最初から誰も本気にしていなそう(笑)。



「日中合同食品安全チーム」常設か 日本側が呼び掛け

常設はいい考えかも。


マレーシア環境相がフカひれ禁止令 華人にショック?

ひところ株価がらみのニュース一色だったこのサイトも、だんだん面白くなってきた。

マレーシアのアズミ天然資源・環境相は13日、サメの保護意識を高めるため、同省主催の宴会ではフカひれを使った料理を禁止すると語った。
全面禁止ではないのね。もちろん。
  同相によると、サメはどう猛な肉食動物で海洋の生態環境の基礎となる存在。数が減少すると食物連鎖に影響して環境のバランスを崩す恐れがある。
確かに、中華人民が本気で食べ始めたら、さしものサメも絶滅するかもしれん。

しかしその前に日本民族がきっと養殖に成功すると見た(笑)。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.03

雑記080203

節分だ。

煎り大豆が好きなわしとしては、近頃日常的にこれを買える店が減って困っている。お菓子の太子堂のなんだか変につやのあるのを買うか、新橋の瀬戸内旬菜館で青豆風の(これは旨いがガスが出る)を買うくらいしかない。
だから、年に一度のこの日は、選択肢が増えて嬉しいといえば嬉しい。


ひと眠りして起きると、外は雪。



新しい情報の価値観を掘り起こす

「良く更新されているサイト(情報)で、周囲からよく参照されているもの」だけが価値があるわけでなく、実際には、「誰も気づいていないけど、リンクされようがされまいが、更新されようがされまいが、ある価値観を持った人たちにはとても価値のある情報」というものもあるわけで、そういうものをGoogle よりもコストパフォーマンスよく実現できれば、いろんな人に使ってもらえる可能性があるはずです。
そうそう。最近、Googleの考え方に依存しすぎているかも。

検索ビジネスの立ち上がりのときは、Yahoo!が、人手によるカテゴライズにも価値があるという方針で頑張ろうとしていて面白かった。

その方向はいったん敗退したわけだけど、何か別の価値評価軸があってもいいはず。


2009年の9月に大型連休出現

9/20~9/23の4日間、週休2日であれば9/19~9/23の5日間が休みとなる。
ほうほう。いい季節で嬉しい。

勘違いしたのは俺だけじゃないはず (スコア:5, すばらしい洞察) Anonymous Coward : 2008年02月02日 14時58分 (#1290360) 今年じゃねえのかよ! 来年の予定なんか今から立てねえよ!
笑。
Re:勘違いしたのは俺だけじゃないはず (スコア:5, おもしろおかしい) Anonymous Coward : 2008年02月02日 15時52分 (#1290391) 鬼ですら笑ってるのにお前が怒ってどうする。
爆。



本屋をぶらっとあるいていたら、司政官シリーズが一冊にまとまって文庫本で創元から出ていた。
役人、というか体制側で仕事をする人を、その立場から見る見方を教わったのがこのお話し。



ついでに、「NTTの自縛」をはらはらと立ち読み。NTTデータ礼賛本と並んで置かれていたのは、何か本屋の意図なのだろうか。

NTTは基本的に、「にっぽんの土管屋さん」でいいと思うのだけど、企業の中にも外にもそれで満足できない人も多いのかもしれない。

外部の人についていえば、わしも含めて外野は適当に願望を述べていればいいと思う。床屋談義はレクリエーションに欠かせないものだし(笑)。

内部の人については・・・
外野が余計なことを言うけど、発展的なアプリケーションをやりたいのであれば、NTTの名前に拘らずに、飛び出して外でやるのもひとつの方法なのではないだろうか。土管はえぬてってーにお任せでいいように思う。

とか言うとまずいのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.02

「アメリカン・ギャングスター」

対立する立場にある異端児二人の主人公の、地味だがひたむきな生き方が、かっこいい。R15をクリアしていれば誰にでもお勧めできる作品。以下ネタバレ。

 

一方は、犯罪の街で生まれ育ってそれ以外を知らないたたきあげ。一方は、警察の悪しき慣行に染まらず孤立を深める変人。しかし二人には共通点がある。それは、ひたむきさ、誠実さ、正直さ、行動力、どれも美質として賞賛されるべきものだ。

映画は、この二人のそれぞれの孤独、仲間、家族、悩みなどを並行して描きながら、決して交わらせずに終盤まで魅せる。

ギャングと言う響きが醸すいかがわしさは抑え目にして描かず、むしろ、ビジネスというものに共通の、アイデア、行動、提携、組織拡大などを描く。扱っている商品は非合法だし、手法は時に過激だが、言葉の正しい意味で、ひたむきに仕事に邁進するビジネスマンを描いている。騙しあいに明け暮れる金融ハイテク業界などを見ているより、よほど為になると言ったら言いすぎか。
犯罪映画の、それも犯罪者側にかっこよさを感じさせるというのは反則かもしれないが、デンゼル・ワシントン演じる黒人ギャングの勤勉さと成功の過程を見れば、納得がいくはずだ。
一方、ラッセル・クロウ演じる異端の刑事のほうは、一見、刑事もの映画にありがちなはぐれ刑事に見えるが、仕事の傍ら夜学で法律の勉強をしながら弁護士の資格を取ってしまうあたりが、普通ではない。悪い友人との付き合いもあるし、結婚生活には失敗しているのだが、素朴で頑固な遵法精神が、押し付けでなくちらりと見えるのが味わいだ。

この異端児二人が、最後の最後に向かい合って、取引をする場面がある。ここで刑事がギャングをどう呼ぶか、それがこの映画の頂点だろう。ギャングは、彼を最も正しく評価する同類に、取調室で初めて向き合うのだ。

こうして、異端児たちの、互いを認めた友情によって、悪徳の都市ニューヨークは多少浄化される。罪を問われたギャングの減刑に至る流れも思わぬ伏線があり、粋を感じさせてよい。

何より、これが実話というから驚きだ。ベトナム戦争という特殊な背景があったとはいえ、これぞ米国というダイナミズムと独特の価値観を感じさせる。

褒めて褒めすぎということはない、まことにかっこいい作品でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雑記080202

思いやりが足りないよな最近。>自分
ビタミン何を摂取すると改善するのか。


東京駅丸の内駅舎背後の建物高さを規制、都が眺望保全策

なんか、しょぼい。

画像はこちら



総務省、オプトアウトメールを全面禁止の方針?

全面的に禁止は、結構問題が起きそうな気もする。コメントからいくつか。


登録したことを忘れるようなアホな利用者の対応に逆に苦慮させられることになってしまうので、慎重にやって欲しいです。
----
届く必要のあるメールが適切に受け取られてなかった
----
節税マンションの営業電話はいい加減にして欲しい.

ホワイトリストは基本的に使えない。ネット上のノードのセキュリティ確保のように、厳密であればあるほどよいものと、営業/迷惑メールのように、線引きが微妙なものとは、根本的に扱い方が違うのだと思う。



グーグルのSNS広告事業,未だに期待外れで広告在庫の山

そうなんだ。
adwordsのような超級のアイデアはそうそう落ちていないということか。


ガラスの殻を見つけたヤドカリ

シースルー(死語?)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京の一風景

もう何十年も続いている過程の断面。
これからあと何十年か続くのだろう。
P1000001_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2008.02.01

雑記080201

冷たいけど、だんだん春を予感させるものが空気に混じり始めるこの頃。


生産性があがる、柔らかマウス

おお。
でもこのぷにぷにに気をとられて生産性は急降下しそう(笑)。

有用かどうかはともかく、よさげ。



そうでもないよ増田

これ、いいエントリだなあ。
印刷して壁に貼っておこうか。



それはさておき。

電電マンというのはコモンキャリアについてけっこう本気です。
いまのところ、NTTは公共性に対する意識が他社よりあると思う。
土管屋さんということとは別に。

あれだけの現有資産は、もとを質せば税金で作られたわけだし。その意識がある人が残っているうちは、そこそこ信頼できるのではないか。



情報というもの

ブルーンバーグはその価格での取引を保証してくれるのか。
・・・
金融業の基本はまず相手を疑うことから。
そして本当に信じられる相手が出てきたら絶対裏切らないこと。ゴールドマンが強いのはこの鉄則を守っているから。
そうなんだ。
そういえば、「アメリカン ギャングスター」公開は明日から。

すぐ人を信じるおいらはあんまり向いてないかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »