« 「earth」 | Main | 雑記080115 »

2008.01.14

金は天下の・・

「リベリア」の意外な興味深さ=YENの漂流・続き

外貨を外貨のまま使い切るには、国外に旅行して使うか、移住するか。そうしない場合、いずれは円に転換する必要があり、それは難民マネーの帰還となる。
なるほど。それはそうなんだけど。
海外に投資する元手も知識もない層は、円安で高くなる輸入食料品でますます生活苦ということに。

かくして、持てる者はますます持ち、持たざるものは・・ということになるのだろうか。
それはそれで、帰還マネーが国内に落ちるのを待てばいいということかな。いつになるかはわからないが。

この辺は理念無関係で、実際のバランス感覚の問題なのかなあ。どこかでフィジビリティスタディを見られるといいんだけど。
コメントにはこんな意見も。

一方、過去のインフレ期の実例を見ると、概ね賃金上昇率>物価上昇率です。賃金以上に物価が上がるというのは、気候変動や災害などで生産力が落ちてしまった状態でしょうか。
そうなんだ。今度もそうだといいのだけど。
人が減るからそうなる可能性はより高いのかな。

|

« 「earth」 | Main | 雑記080115 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金は天下の・・:

« 「earth」 | Main | 雑記080115 »