« 「テラビシアにかける橋」 | Main | びっくりどっきり株価アラート »

2008.01.26

雑記080126

ガザというところが経済封鎖されているらしい。ところが封鎖のために作られた壁が爆破され住人はそれっとばかりに買出しに出掛けてお祭り騒ぎらしい。
その映像を報道したNHKのアナウンサーは「この異常な事態・・」と呼んでいた。

テレビのようなメディアの人は、言葉は慎重に選んだほうがいいと思う。ブログ日記書いてるのとわけが違う。例えが悪いが、ベルリンの壁は在ったのが正常で壁崩壊は異常だったとでもNHKは言いたいのだろうか。

食料の買出しに行くのが異常なら、わしなんか毎週末異常事態を迎えていることになるのだけど。
あれを秩序の崩壊うんぬんなどともし言うのなら、毎週どっかに遊びに出かけているわしなんか、極悪な秩序破壊者なんだけど(笑)。


2月14日にMM21で、ショートフィルム専門の映画館が開業するそうな。
見に行かねば。


ベッドから始まる経済

「明日いらっしゃい」なんてやって、トラブルになったら自分のせいになるのは分かるんだけれど、これもまた医療資源の無駄遣い。
ああ、そうか。医療という世界では、わしらは意識しなくてもクレーマーの色彩を帯びてしまうのだ。それもほとんどは、医師側の過剰防衛意識によって。
18時前後になると「入院が必要と思われます」なんて紹介状を持った患者さんが増える。たいてい元気で、症状は5 日も前からで、「入院が必要」なんて、本人は全く思っていないような患者さん。
おいらが子供の頃は、少々のことは我慢させられた。まず親からして、「先生も忙しいのだから、我儘言わないの」とか言うし。本当に痛かったりやばそうなときは、親もちゃんとわかってそれなりの手を打ってくれた。

原則として、怪我や病気は健康管理できてない本人の問題だと普通に思っていたし、医者は、そりゃ人間だから、たまさかミスはあるかもしれないけど、基本的には信頼されていたと思う。

一見快適な文明を手に入れて、代わりにわしらはナイーブになった。

|

« 「テラビシアにかける橋」 | Main | びっくりどっきり株価アラート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記080126:

« 「テラビシアにかける橋」 | Main | びっくりどっきり株価アラート »