« 雑記071217 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」 »

2007.12.18

雑記071218

年末の足音がひたひたと迫ってきた。


約束を破るメカニズム

たしかに、リストラでいつ切られるかわからない状況では、労働者も下請けも特定の企業にしか使えない技術を蓄積しなくなり、「すり合わせ」的な製造業は衰えるかもしれない(アメリカでは製造業は衰退した)。しかしIT産業のように要素技術がモジュール化され、グローバルな分業が成立すれば、こういう企業特殊的な投資はあまり必要なくなり、労働者の移動も自由になる。そこでは約束を破るコストは小さく、企業再編による本質的な価値創造が容易になる。
「ものづくりニッポン」の過去の強みかつ現在の弱み。


フリーターを「正規雇用」に

記事もコメントもたいへん興味深いし勉強になる。
でも一番おもしろいのは補足コメントのここ。

私がテレビの仕事を15年やって学んだ教訓は、「絵になる話は決して本質をあらわさない」ということだ。それを徹底的に割り切っているのが民放で、NHKは遠慮がちに視聴者をだましているという程度の違いにすぎない。まぁそれでも、こうやって素人は簡単にだまされてくれるんだから、テレビって楽な仕事だな。
こんなところでバックファイアせんでも(笑)。


NTTのNGN接続でISPが抱える悩み

 ISPの多くは,現行のフレッツ網との接続場所を47都道府県ごとに設けている。新設する装置の貸し出し料金は明らかではないが,NGNの提供エリアが拡大していくと,「県ごとに新たにNGN用装置の借用料が発生し,コストの負担が増えるのではないか」とISPは懸念する。6年契約で借りているフレッツ・サービス用装置の使用料に加えて,NGN用装置の使用料を支払うという“2重投資”になってしまうからだ。
都道府県別っていうのはどうしてもそうでないといけないのかなあ。そうは思えないけど。

そういう問題ではないか。NGN用の終端装置はフレッツ用と別に借りねばならないそうだす。

 NTT東西は,NGNの提供エリアでは,フレッツではなくNGNにユーザーを収容する方針を示している。ただし既存のフレッツ・ユーザーのNGNへの移行計画やNGNの具体的な普及見通しなどはまだ明確に見えていない。
全然見えてないと思う。大丈夫かNTT。
ていうか県別のフレッツなど早く止めてしまえと暴論(笑)。


添付されたPDFファイルには要注意

ついWindows Updateと同じ感覚で考えてしまいがち。だが,必ずしも修正パッチのリリース日に自動アップデートが行われるとは限らない。
そうなんだ。
といわれても、わしら素人としてはそんなにセキュリティ情報ばかり見ているわけにもいかないし。


赤木智弘たちに足りないもの - 書評 - 若者を見殺しにする国

昔の人はいいことを言った。

笑う門には福来る。
良い言葉は簡潔。

にっぽん人は一度、「格言ことわざ集」をじっくり読み返してみた方がいいよ。
わしなんか、これとイソップ物語しか覚えてないぞう。

・・・それも激しく問題だな(笑)。


「個人的にはUFOいると思う」町村官房長官会見(18日午後)

よくぞ言った。
かぐや姫のエンディングを知ってるわしらには、当たり前の結論だよね(笑)。


読売社説 思いやり予算 日米同盟の信頼は維持された : 社説・コラム : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

こちら⇒東京新聞:米第一軍団前方司令部が発足 住民ら『基地固定化』と反発:神奈川(TOKYO Web)

なぜか朝日も毎日も、読売も産経もこうした問題に触れなくなった。

TVKはさすがに地元だけあってニュースで取り上げてた。

|

« 雑記071217 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記071218:

« 雑記071217 | Main | 「アイ・アム・レジェンド」 »