« 雑記071204 | Main | ガリバー企業の闇とネット規制 »

2007.12.06

雑記071206

1週間がすっ飛んで行く速さよ。


実際に被れそうな、カッコいいスカル・ヘルメット

覆面パトが思わず赤色回転灯を回してしまいそうなかっちょよさ。


オフなので今日も仕事だ

どこの世界に自己組織化する「カンヅメ」が存在しようか。
そのとおりでございます。

近所の研修とかでこのところ毎朝絶叫されている「よろしくお願いします」と「ありがとうございました」は、カンヅメ養成プロセスなのかもと思うにつけ鬱な季節であります。絶叫しないとコミュニケーションの糸口が掴めないというのは何か大変に不幸な状況ではないかと思えるのでございます。


公開資料から見えないシステムと運用組織の実態

社保庁の現行システムの開発・運用を担当するNTTデータの山下徹社長は,日経コンピュータの編集長インタビューで,「みなさまからのご批判は謙虚に受け止めます。(中略)ただし,欠陥品を納入したとは思っていません。完成度の高いシステムを納めてきたと自信を持っています」と語っている
・・・
 欠陥があったかどうかは,私企業であればシステム監査で評価が下されるだろう。しかし,社保庁でシステム監査が行われた形跡や記録はない。
・・・
システム監査技術者試験に合格して,相応の監査経験を持つ複数の人々によって監査を実施すれば,どのような原因で現在の状態に立ち至ったのかが,ある程度分析できるはずだ。
風化させるにはあまりにも大きい。


厚生年金を払っても貧困層になる可能性

 少なくとも現在40代以下の人は、年金給付年齢が70歳となることを前提として、今から対策を打っておく必要があると思う。それまでは年金があてにならないことを前提として、老後の資金をしっかりとため、人生設計をすることをお勧めしたい。
To be LONG or not to be.
That's the question.

|

« 雑記071204 | Main | ガリバー企業の闇とネット規制 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雑記071206:

« 雑記071204 | Main | ガリバー企業の闇とネット規制 »