« 勝てない理由 | Main | まじめな雑記071104 »

2007.11.03

「バイオハザードⅢ」

Ⅰは、日常が非日常へと変貌する怖さがあった。Ⅱは見ていないのでよくわからない。
で、Ⅲはというと、要するに暴力の連続で、正直疲れた。

ゾンビというものは、斃さなければ喰われるという敵に違いないのだけど、もとは人間だったという物悲しさがある。なければならない。その点を描きこまないと深みは出にくいのではないか。

Ⅰでは、それが比較的描けていたと思う。それがⅢでは、ゾンビは当たり前になり過ぎて、物悲しさも人間側の葛藤も感じられない。勢い、映画は暴力を延々と描き続けるだけになってしまう。

ひたすら敵を倒してレベル上げという、TVゲームの古き悪しき遺伝子が出てしまったのだろうか。

ひとつだけ、映像的にいいと思ったのは最初の見せ場。ゾンビ化したカラスの大群をある方法で撃滅するのだけど、このカメラワークが慄然とするほどかっこいい。この時点で、アリス、地獄属性で無敵。

ということで、何も考えずに暴力の激流に浸りたい方に「のみ」お勧めの一本。


いま、TVでⅡを見たら、こっちの方がいい出来のような。
それにしても、TVに映ったミラ・ジョボビッチ様のふっくらなさりようは一体?(笑)


|

« 勝てない理由 | Main | まじめな雑記071104 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/16964627

Listed below are links to weblogs that reference 「バイオハザードⅢ」:

« 勝てない理由 | Main | まじめな雑記071104 »