« 雑記070929 | Main | 雑記071001 »

2007.09.30

「クロ-ズド・ノート」

やっぱり結子たんにはこのタイプの役がぴったりだよ。ということで、竹内結子ファンはMUST観る映画。以下ネタバレ。

 

いまどき「二十四の瞳」みたいな雰囲気の小学校があるのかどうか私は知らないけど、そういう世界が竹内結子にはとても似合う。なにしろ商店街には万年筆専門店があって、そこが重要な出会いの場だったりするのだ。結構浮世離れしていると感じるのは、私がスレた都会育ちだからだろうか。

日本の小説が原作の場合にありがちな、出だしのまったり感はいつものとおり。「ツカミ」がないので、観ている方はしばらくの間、別の何かで思い思いに間を持たせるほかない。たとえば街の風景を見てあれはどこでロケしたのだろうと考えたり、小道具に現れる商品名を見てあーメーカーも広告屋さんも苦労してるなと思ったり。カドカワはどれくらいマージン取ってるのかと想像したり(笑)。つまり、作品にあまり入り込めない。のもまたいつもの通り。

この作品は、その部分に沢尻エリカという人を前面に持ってきている。私にはそれがちょっと嫌だった。普段芸能情報にほとんど触れないので、特に好き嫌いの先入観はないはずだけど、この人は、少なくともこの映画作品の中では、演技から台詞から存在に至るまで、安っぽいテレビドラマ風の「毒」を映画に持ち込んでしまっている。映画にももちろん「毒」はあるし、私はそれを嫌いではないけど、テレビの「毒」はどうも質が違うようだ。あからさまに嫌な感じがする。

しかし、最初のその辺りに目を瞑れば、これは原作の力だろうけど、最後の最後に美しく泣けるよいお話し。たまに、本当にそういうことがあるよね。滅多にないけれど。という世界を描いた貴重なお話しだ。

「たまには」ある、というところが、この種のお話しの要諦。そのくらいの線を映画はしっかり押さえてくれている。その意味で、竹内結子ファンは間違いなく満足できるはずの安全安心な(笑)一本でした。

 

|

« 雑記070929 | Main | 雑記071001 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「クロ-ズド・ノート」:

« 雑記070929 | Main | 雑記071001 »