« 教育とか就職とか2題 | Main | 「プラネット・テラー in グラインドハウス」 »

2007.09.21

行ったり来たり

この夏最後の出稼ぎツアー

仕事のほとんどは集団の営為であり、利益は仲間の間で分配され、リスクはヘッジされる。人間的労働は集団的に行われることで効率を高め、危機を回避するメカニズムだからである。
(中略)
成人の労働の本質は、個人の努力が集団の達成に読み替えられる変換のうちに存する。自分の努力の成果が、できるだけ多くの他者に利益として分配されることを求めるような「特異なメンタリティ」によって成人の労働は動機づけられている。それが納得できないという人は成人の労働には向かない。
いちいちご尤もではあるのですが、人間という生き物は一筋縄ではいかない。この立派な世界観をよいことに、分配を不当に歪めて自己の利益を図る者も少なくないように思う。口利き屋さんとか取次ぎ屋さんたちだ。

私は、そういう人達も所詮はmortalなのだという強力な事実に目覚めた経験がある(最近忘れ気味)ので、より小さな不条理はどうやらいまのところ遣り過ごせている。

けれども、死には無縁の若い人にそういう感覚を求めるのは、少々酷なのではないかとも思う。時間が経てば誰でもわかることなのだけど、その時間を、若い人はまだ経ていないのだから。

すると、どうなるか。
他人が挙げた成果を横取りするのに血道をあげている成人労働者たちの姿を見て、そんな者になるくらいなら、自分の成果と他人の成果をきちんと分けて考える世界観に生きたいと若者が思ったとしても、私はそれを責められない。

 
かくして、悪貨は良貨を駆逐していくのであります。
早く目覚めよう。mortalityの有り難味に。

 

いや、それはそれで新興宗教まっしぐらかな(笑)。

 

|

« 教育とか就職とか2題 | Main | 「プラネット・テラー in グラインドハウス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 行ったり来たり:

« 教育とか就職とか2題 | Main | 「プラネット・テラー in グラインドハウス」 »