« 今日の至言 | Main | 雑記070827 »

2007.08.26

「シッコ」

マイケル・ムーア、映画つくるのうまくなったじゃないですか(笑)。

のっけから失礼なようだけど、でも前2作より手馴れてきた感じはある。あくの強さやプロバガンダ色が多少(笑)薄れて、とりあげたテーマが抱える複数の課題がきちんと見えやすいように整理されて構成できているというか。

裏返せば、それだけ米国の医療保険制度に問題ありと考えている人が多いということかもしれない。例えば銃社会の話の映画のときは、拮抗する対立意見をほぼ平等に取り上げていて難しいところがあったけど、この医療保険の問題は、やっぱりまずかろうという意見の方に分がありそう。以下ネタバレ。

もちろん、制度を充実させる費用はどこから出るのかという問題について掘り下げが足りないという突っ込みは可能だけど、製薬会社の儲けぶりや、他国との治療費・医薬品価格の差を見せたりすることで、その点はある程度クリアしている。さらに、対比して取り上げた他国の制度は持続可能なのかという疑問には、社会がどの政策に高い優先順位を与えるか、その政策のバックボーンになっている考え方を語らせることで応えているだろう。
というわけで、私はこの映画、内容もかなりよく出来ているという印象を受けた。


太っちょマイケル・ムーアのあくの強さが災いしてか、知識人などはこの映画を正面から取り上げずに揶揄するような評価でお茶を濁しそうだけど、虚心坦懐に聴けばずいぶん正当な主張がたくさんあることに気づくはずだ。

中でも私は、英国人の気骨ある発言が印象に残った。あの元気な年寄りの話しを聞いているうちに、米国は確かに自由主義の国ではあるけど、民主主義の国とは必ずしも言えないような感覚に襲われる。デモクラシーについては、やはり英国に一日の長があるとの思いを深くした。

自分の身の回りを振り返ってみるにも、よい視点を与えてくれる映画でした。

 

|

« 今日の至言 | Main | 雑記070827 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/16243956

Listed below are links to weblogs that reference 「シッコ」:

» 【2007-119】シッコ(SICKO) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ムーア先生、急患です。 保険満足度は 先進国中最下位!! 救急車に事前申請? テロより怖い、 医療問題。 [Read More]

Tracked on 2007.08.27 at 10:58 PM

« 今日の至言 | Main | 雑記070827 »