« ファイル送信の難しさ? | Main | 雑記070809 »

2007.08.07

「ライラの冒険」シリーズ

あんまり本を読まないわしが、突然、3部作を一気に読み通した上に感想文もどきのことまで書くということで、この本の面白さを察していただきたい。

ファンタジーというか、一応、児童文学に分類されているらしいのだけど、どうみてもそこからはみ出してます。

奇想天外な展開とか、多数の際立つキャラクタとか、物語空間が拡大する加速感とか、ポイントを絞って描きこまれたディテールとか、世界観のスケールの大きさとか、切ないけど満たされた結末とか、つまり普通によくできたお話しの何本分もの面白さがぎっしりつまっている。

カトリック関係者はこのシリーズを「焼き捨てるに値する。ハリー・ポッターの百万倍邪悪だ」と評しているそうで、その面白さがいかほどのものかわかろうというもの。

ということで、何のヒントも書きませんが、すんごく面白いということだけ、書いておくわけです。

好き好き大好きパンタライモン。

|

« ファイル送信の難しさ? | Main | 雑記070809 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/16042356

Listed below are links to weblogs that reference 「ライラの冒険」シリーズ:

« ファイル送信の難しさ? | Main | 雑記070809 »