« 雑記070802 | Main | SE屋の言い訳 »

2007.08.04

「トランスフォーマー」

ニューディール政策で日本の教科書にも取り上げられたりしているフーバーダムだが、実はそんな奇想天外な目的があったのか。という話しは置いといて。

子供の頃アニメで堪能した変形ロボットが、このようにリアルな映像で見られるとは!トランスフォームするシーンは凄いです。男子向きの映画。(別の意味でも(笑))。
以下ネタバレだけど、映像にわくわくする映画だから問題なし。

 

変形シーンは決して少なくはないのだけど、それでも全編それで押し通すわけにもいかず、お話しの流れ自体は結構普通の構成。以外にダレる流れや無理筋の展開もあったり。アクションのお腹一杯感はむしろダイ・ハード4の方が高いかも。

それでも結構目を丸くしている時間が長くて、見終わった後目が痛い。

一応、ティーンの主人公のハァハァ目線やタイムリーな社会風刺なども織り込んで、なんとかヲタク色を薄めてはいるけれど、しかしこれはどうみても、スピルバーグとドリームワークスのオタク的イメージ力が炸裂しているれっきとしたヲタ向け映画。だと思う。本物のヲタクの人の意見を聞いてみないとわからないが。

その一方で、例えばエピローグで主人公のとうちゃんかあちゃんがマスコミ相手にすっとぼけるところなどは、ちゃんとした一般向け映画(笑)みたいな深~い味わい(笑)。そういう風によくできているところが随所にあって、見ていて飽きない。
映像の凄さを十分に消化した上で、映画としてもほどほどに見られるように仕上がっている。割とお得な映画。

 

”2”に向けて少し我儘を言うなら、もうちょっとデストロン側を描きこんでほしい。メガトロンの凄さが、今作ではあまり感じられなくて、そこがやや不満。やっぱりこういう映画は悪役のキャラが立っていないと。

ということで、今回は、まずトランスフォームの驚きの映像をお披露目するという位置づけにして、次はその上に善悪の戦いを描いてほしい。

 

ところで、フーバーダムの貯水量って、琵琶湖の1.4倍くらいあるのか。知らなかった。

 

|

« 雑記070802 | Main | SE屋の言い訳 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/16004266

Listed below are links to weblogs that reference 「トランスフォーマー」:

« 雑記070802 | Main | SE屋の言い訳 »