« 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 | Main | 「ブリッジ」 »

2007.07.01

幸せの白い端末

iPhone元年が始まって

「元年」ってうまい表現ですね。

昨日のApple Storeのline-waiterたちは、殆どが側頭葉に電波が送られた状態だったのだが、そこにいる人たち、それを見に来る人たち、みんな純粋に楽しそうなのが、すごく良かった。なんかこう、磁場が発生している感じ。Apple Storeに近寄るだけで幸せになる、みたいな。
なんて幸薄い日本ドメスティックなわしら。しらんぷりしてダメージ最小に留めつつ1年後を待つ心境。打たれ強くもなろうというもの。

なんか、ワンセグとか言ってる国内の携帯を買う気が失せました。でも今の携帯があと1年生き長らえてくれそうにないので、何かショートリリーフを探さねば。

ここで問題は、1年後どのキャリアがiPhoneを射止めるのかなのだけど。現状のキャリアを乗り換えずに端末だけ更新してあと1年我慢、ていことかなあ。

|

« 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 | Main | 「ブリッジ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 幸せの白い端末:

« 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 | Main | 「ブリッジ」 »