« オシムとアジアカップの雑記 | Main | 雑記070802 »

2007.07.30

「責任政党」の終わり

メディアで流れている参院選結果の理由付けを聞いていて、私の考えていたことと微妙に違う気がしたので、少しだけメモ。

これまでわれらが自民党は、選挙になると決まって持ち出す「責任政党」という言葉を、有効に使ってきたと思う。野党は口ではいろいろ言うが実情をわかっているのかという、国民に対するある種の恫喝とも取られかねないスタンスをとってきた。情報独占というアンフェアな方法がそれを支えていた。

ところが、長年にわたるずさんな年金管理と、それが発覚した後の対応のどたばた劇によって、「責任政党」は、その「責任」を自ら甚だしく軽んじてきたことが露わになった。

個々の政策やその一覧であるマニフェストは、今回の選挙ではさして重要ではなかったと思う。本当の焦点は、そのもう一段上のレベルにあった。

「責任政党」が既に形骸に過ぎないこと、その寿命が尽きた後に、代わり得るものが必要であることを、多くの人が感じ取った結果が、自民大敗の本当の意味ではないかと、私は思う。

「お灸をすえられた」などという馬鹿げた理解では、自民党に未来はない。

 

政治屋さんたちも、オバマ氏に倣って「トランスフォーム」すべき。
さしあたり、片山虎之助氏はコンボイということで(笑)。


|

« オシムとアジアカップの雑記 | Main | 雑記070802 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「責任政党」の終わり:

« オシムとアジアカップの雑記 | Main | 雑記070802 »