« 雑記070715 | Main | 「イタリア的、恋愛マニュアル」 »

2007.07.15

「ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団」

ラドクリフ君、随分大きくなったな。

このシリーズを見る理由はもはや、主役たちのリアルタイムの成長を見る楽しみに尽きるといっても過言ではない。映画のお話しの方は毎回ほどほどだし(笑)。今回は彼らが小学生くらいだったときの映像もちらりと出てきて、製作側もその辺わかってるぢゃないかと思わせる。彼らがもし、長丁場のシリーズの途中でちょっとグレて家出かなにかしでかしたらと思うと、それもまた楽しみ(笑)。製作側の苦労が偲ばれます。以下ネタバレ。

 

ハーマイオニー役の彼女はわりと普通っぽい女の子に成長。ロン君がお母さんからのプレゼントの上着を「あんなださいの着られない」とかごねているのにしっかり小言をかますあたりの描写がいい。

この映画は、誇張した表現を使わない安定した基調があって、その上に魔法という大道具が盛られていところが独特の空気を醸し出していると思うのだけど、このちょっとしたお小言のシーンはその感じを確認させてくれるとてもよい例だと思う。何の変哲もない普通の魔法使い(笑)を、外さずに描いているというか。

とはいえ今回は、大人の魔法使いどうしの闘いもあって、それなりに見栄えのする魔法も楽しめる。ダンブルドア先生が超かちょいいです。

そのほかにも、スネイプ先生のひねくれの原因とか、魔法省の傀儡の新任校長の嫌味たっぷり感とか、小出しのネタなどもあって、シリーズの背景も少し深まった感じ。これまでの中では割とよい仕上がりと思います。

 

|

« 雑記070715 | Main | 「イタリア的、恋愛マニュアル」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ハリー・ポッター 不死鳥の騎士団」:

« 雑記070715 | Main | 「イタリア的、恋愛マニュアル」 »