« 選挙のことなど | Main | 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 »

2007.06.30

「シュレック3」

このシュレックというキャラクタが私はかなり好きだ。気は優しくて力持ち。でも偏見のもとで世間から誤解され評価されない。

そういうキャラクタが、正しい評価を勝ち取って行く過程が、物語としていいなあと思うわけだ。シリーズの1作目はまさにそんな感じだったと思う。いや、違ったかな? もうほとんど忘れかけてるけど。(笑)

で、さすがに3作目ともなると、(映画の中の世界の)世間は彼のことをよくわかっている。なので、物語としての力はずいぶん弱くなっている。

この辺りがもう限界かもしれない。

|

« 選挙のことなど | Main | 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/15605188

Listed below are links to weblogs that reference 「シュレック3」:

» 映画 シュレック3 [映画DVD情報ナビ]
映画 『シュレック3』がついに登場! アカデミー賞に輝く、全世界No.1大ヒットの最強アニメーション待望の第3弾! おとぎの国の未来をかけた、笑いと希望のファンタジー・アドベンチャー ... [Read More]

Tracked on 2007.07.02 at 11:16 PM

« 選挙のことなど | Main | 公式と非公式の恣意的な使い分けは三流国の証 »