« 雑記070621 | Main | アバターと願望 »

2007.06.22

携帯パケット定額のからくり

大したことではないのだけど、うっかり気付かなかった。なんておバカなわし。

きっかけは、昨日のこのお話し

総務省の「ネットワークの中立性に関する懇談会」(座長・林敏彦放送大学教授)は20日、データ通信量が多い個人利用者への追加課金を容認する報告書案をまとめた。
通信事業者は、パソコンを使ったネット接続サービスの定額制で、それなりに困っているのかもしれない。だから、携帯ではその過ちを繰り返すまいと慎重だ。携帯をモデム代わりに使ってパソコンでネットを見ようとすると、大層な金額の従量制になるように料金を設定している。定額プランでは使わせたくないらしい。

ところが、携帯上のブラウザでネットを見る限りは、定額でOKだと言う。この違いは一体何なのか。

 

パソコンは短期間で処理能力が向上した結果、一昔前なら考えられなかったような大きなデータでも楽々処理して画面に表示してくれるようになった。それに合わせてネット上のコンテンツは普通に巨大化してきている。ところが、たぶん、携帯の処理能力はまだそんなに高くない。だから、大きくてリッチなPCコンテンツを見ようとしても、表示に時間がかかる。これは、例えばEM-ONEなどを見るとはっきりする。ボトルネックは回線の帯域ではなく、表示端末なのだ。

そうだとすれば、携帯上のブラウザでネットを見る限りにおいてはパケット定額もOK、と通信事業者が言っている理由がわかる。端末がボトルネックになっていて実効速度はそれほど出ないから、定額と言っておいてもトラフィックが爆発することはないので大丈夫、というわけだ。

 

3Gとか3.5Gとかの言葉に踊らされていたけど、なんだか急に醒めましたですよ。これから流行するらしいスマートフォンも、ネットのブラウズには使えないにかもしれないな。メール限定で使う端末、と思っておくのがいいかもしれない。

そう考えると、e-mobileの通信カードは改めて、いいかも。早くどこでも使えるようになってくだされ。

 

|

« 雑記070621 | Main | アバターと願望 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯パケット定額のからくり:

» 追加課金・通信規制(総務省)データ量が多い利用者へ [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「追加課金・通信規制(総務省)データ量が多い利用者へ」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200... [Read More]

Tracked on 2007.06.22 11:54 AM

« 雑記070621 | Main | アバターと願望 »