« 二度目の雑記070620 | Main | 携帯パケット定額のからくり »

2007.06.21

雑記070621

書くネタがないなーと思っているそのタイミングで来るものがある。
というわけで内容のない雑記。


乗り回す掃除機

この掃除機に*これ*を合体させた商品を誰か作って見せてほしい。



非接触充電するハイブリッド路線バス

おいらの携帯は非接触充電なんだけど。
一緒に充電してくれないかな。



大量通信に追加課金 総務省懇談会、ネット混雑回避へ容認

総務省の「ネットワークの中立性に関する懇談会」(座長・林敏彦放送大学教授)は20日、データ通信量が多い個人利用者への追加課金を容認する報告書案をまとめた。通信量が突出したコンテンツ(情報の中身)配信業者や利用者に対する通信規制も認め、同省と通信事業者らにガイドラインを作るよう求めた。
(中略)
回線の混雑を引き起こした一部の業者などに対する緊急避難的な通信規制については「社会的に許容される」としながらも、恣意(しい)的な規制を防ぎ、通信の秘密を守るためにガイドライン策定が望ましいとした。
報告書を詳しく読んでいないけど、この記事のとおりであれば、概ね納得できる。

 

メリットとデメリットを考えてみた。

携帯でネットに接続して blue tooth でモバイルパソコンに中継する使い方について。現状ではどの事業者も怖くて定額制にはできないが、静止画中心のWebを見る程度の「普通」の使い方と、それとは桁違いのトラフィックを発生させる「異常」な使い方を区別して課金できるなら、普通の使い方に対しては定額にする余地が生まれるのではないか。私としてはこの使い方で回線を1本にしたいと思っているので、その可能性が生まれる点ではメリット。

IP放送を使いたいときは、明らかにデメリットのような気がするのだけど、どうだろう。NGNのショールームで聞いた話では、5~30Mbps程度で済むらしいのだけど、それは「異常」と「普通」のどちらに入るのだろう。「異常」に入れられてしまうと、正直、ちょっとつらい。

とりあえず、すぐに思いつくのはそんなところか。

 

使いやすい大画面のEM・ONE

実際に手に入れてずいぶん利用しているが、東京、名古屋などの対応エリアではほぼ通信できるようになってきている。ただし、ビルの中などに入ると、ドコモのケータイが通じる範ちゅうでもアンテナがたたないことが、ままある。

問題はそれだけなんだ。
もうちょっと待ちかな。

 

|

« 二度目の雑記070620 | Main | 携帯パケット定額のからくり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/15510927

Listed below are links to weblogs that reference 雑記070621:

« 二度目の雑記070620 | Main | 携帯パケット定額のからくり »