« 雑記070505 | Main | 戦略的環境アセス 発電所は適用除外 »

2007.05.06

「東京タワー」

泣ける。広く共感を呼びやすい映画。以下ネタバレ。

 

「マー君」という呼び方で子供を呼ぶ母、というものは、何時頃から普通になったのだろう。この映画が描いている時代にはそれほど一般的だったろうか。

原作にはその説明があるのかもしれないが、映画だけを観ていると、このお母さんっ子の甘えん坊ぶりが説明抜きでよく表れている。

その甘えん坊が、都会に出て放蕩の挙句に食い詰め、それでも実家に逃げ戻ることなく、仕事をする覚悟を決めたのは、甘えん坊ではあっても、働く母や祖母の背中をしっかり見ていたからだろう。食べるために金を稼ぐ女親の苦労を間近に見ている子供は、そういうものかもしれない。

出だしは、地方から上京して都市に定着することになった家族の物語かと思ったが、そうではない。これは、地方、都市を問わず、働く母の中にある自身の自律と子への愛とを、成長して行く子の目を通じて間接的に、味わい深く描いた映画だ。
私はそういう風にこの映画を観た。

 

|

« 雑記070505 | Main | 戦略的環境アセス 発電所は適用除外 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「東京タワー」:

« 雑記070505 | Main | 戦略的環境アセス 発電所は適用除外 »