« 大臣の自殺 | Main | 雑記070530 »

2007.05.30

サーバ経由コピーの著作権侵害2

音楽保存サービス ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁(続)

常識的な見地に立った場合、特定の利用者がアップロードしたファイルは、その特定の利用者しかダウンロードできない仕組みになっているにもかかわらず、上記のような理屈で、「ユーザは、その意味において、本件サーバを設置する原告にとって不特定の者というべきである。」と言ってしまって本当に良いのか、という問題は当然生じます。
ああよかった。
普通の人のほとんどは、そういう疑問を持つと思うけど、法律の専門家でもそうなんだ。

ストレージサービスは著作権侵害だと判断した事例

驚くべきことに、一つの音楽データにアクセスできるのがアップした当人だけという仕組みなのに、そんなことは関係がなく、とにかくサービス提供者が不特定の会員にデータを送信していることをもって公衆送信に該当するといっている。
これはやっぱり判決の方がおかしいということで。

 

さて、このおかしな判決を出した高部真規子という人だけど、
高部真規子」では、わしら一般人の常識とかけ離れた変な判決だけを並べている。「一太郎」の件、「ラヴォーグ南青山」の件、そして今回の「MYUTA」の件。

一方、「高部裁判官の裁判例を少し調べてみたよ。」では、納得の判決の例を並べている。「まねきTV」の件、「ローマの休日」の件


どちらか一方だけ取り上げてこの裁判官を論評する記事が、比較的中立なはずのメディアの中にもあるけど(例えばこことか)、どうもこれは、よく調べてみないと判断がつかない。

高部眞規子判事のオシゴト ベスト10」という記事を見ると、知財に関する訴訟ついての経験も十分にある人のようなのだけど。そういう人がなぜ、こんな非常識すぎて失笑を買うような判決を、たびたび出してしまうのだろう。

変だなあ。

 
ひょっとすると、法文を字義通り忠実に解釈しようと日夜苦闘している生真面目な人なのかもしれない。
ときどき、そういう人っていますよね。

 

|

« 大臣の自殺 | Main | 雑記070530 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/15251894

Listed below are links to weblogs that reference サーバ経由コピーの著作権侵害2:

« 大臣の自殺 | Main | 雑記070530 »