« 雑記070401 | Main | 映画の雑記070402 »

2007.04.01

「鉄人28号 白昼の残月」

♪~あーるときは正義の味方
   あーるときは悪魔の手先
   いいも悪いもリモコン次第~♪
っていうどうも危なっかしいシロモノ、それが鉄人。
今回は「白昼の残月」ですよ。うーむ。時代劇のにほいがする。

もう昭和レトロ。なにせ「復員兵」ですから。武器は「軍刀」ですから。決してばかにしているわけではないのだけど、ついていけない部分も多少あったのは否定できない。私は鉄人の初アニメよりは少し後の世代だからなあ。以下短いけどネタバレ。

 

戦争の傷跡、戦後日本が失ったもの、というのがお話しの背骨。それは今でも隠れた形でどこかに在るのだろうけど、私にはそこまで見えていない。

言えることは、戦争の翳を背負った兄正太郎は、私には少しナイーブに見えたということ。
彼は、復興していく日本を見て、こんな日本は嫌いだという。こんなもののために戦ったのじゃないと言う。戦争映画でよく聞くせりふだ。しかしこれはおかしい。

世の中が自分の理想どおりにいかないなんてことは、多様な人間の存在を認める立場からは当然に思えるのだけど、彼にとってはそうではないらしい。というか、それが我慢がならないらしい。

たぶん、兄正太郎は、何か普遍的な人間像が共有されている、という幻想を共有できていた時代の人なのだろう。だから、こういう世の中が正しいはずだ、という思い込みがある。それと現実が異なることで強いストレスを覚えて、時にはドラマが生まれたりする。

そういうことかもしれない。

私が子どもの頃には、確かにそういう気分の残渣はあったと思う。しかし残念ながら、今やそういうものは過去のものだ。というより、捨ててきたものだ。

理想というものは必要なのだけど、それはそれとして、現実にはもう少し違う接し方をしたほうがよい、ということなのだ。今読んでいるある本から言葉を借りるなら、「理想主義的プラグマティズム」とでも言うか。

兄正太郎は、それが身についていない。「こんな日本は嫌い」なので廃墟にしてしまえ、と冷えた心の底で思っている。そんな純で危なっかしい人間に、もちろん鉄人を任せられるはずもない。少年正太郎の判断は正しかった。

 

屁理屈はそれくらいにして、鉄人のユニークな造形と質量感は相変わらずかっこいい。あの丸っこい塊が、背中のロケットで飛ぶというのも奇抜。
今回、哀れな姿になってしまう鉄人だけど、いずれまたこのユニークな勇姿を復活させてほしい。そのときはどんな新しいテーマを投げかけてくれるのだろうか。

|

« 雑記070401 | Main | 映画の雑記070402 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「鉄人28号 白昼の残月」:

« 雑記070401 | Main | 映画の雑記070402 »