« SLに山手線が | Main | overtureの広告掲載順位決定ポリシーの変化 »

2007.04.05

NGNに期待したい実名/匿名の扱い

ふと思いついたことがあるので、書き留めておく。

NTTのNGNが、NATを使ってIPアドレスを隠蔽すること、その代わりに、パブリック・ユーザIDを使うことは、先日メモしたとおり。

さらに考えを進めて、このパブリック・ユーザIDは隠蔽されるのだろうか。いままでに読んだ初心者向けの本や雑誌の特集の中には、これに関する記述を見つけることができなかった。

翻って、現状の電話サービスを考えると、パブリック・ユーザIDである電話番号は、発呼側が番号通知/非通知を選ぶことができる。また、着呼側では、相手の通知/非通知の別を知って対応を決めることができる。

これは、なかなか賢い方法だと思うので、NGNにおいてもこのポリシーは受け継いでほしい。具体的には、
  who:  電話番号、URIなど
  where: 所在、位置情報
  how:  端末機種
などの情報は、開示するかどうかを端末ユーザが制御できて、かつ、開示状態は受け側のサーバやユーザに公開され、受け側はその情報を元に対応を変えることができる、ということにしてほしい。

こうした制御ができれば、アプリケーション(サービス)は安心していろいろな展開を工夫できる。
1対1の通信ではwho情報を開示することは普通だと思うけれど、例えば、掲示板など多対多のサービスでのwho情報(実名/匿名)の扱いは、サービスごとに特色を出してもいいだろう。
where情報は、標準設定は非開示だろうと思う。その一方で、いま居る場所周辺の地図を表示したり、広告を見せたりするサービスは、ユーザが開示した位置情報に基づいて提供されることになるだろう。
how情報は、端末のディスプレイの大きさによって同じサービスでも表示の仕方を工夫したりするときに使われるだろう。

もう少し踏み込んで考えると、キャリアに渡している住所や電話番号などの個人情報は、何かのサービスに申込みをするときに、その申込みフォームの中だけで開示項目を選択するだけで、毎回キーを叩いて入力しなくても済む。この種のサービスは過去にも何度も提案だけはされてきたけれど、キャリアのような広範なユーザベースを持つ事業者が実装すれば、またたくまに一般化するだろう。事故のリスクは高いから難しいかもしれないにしても。

ユーザに関する情報は、開示すればそれだけ、便利なサービスを生み出すけれど、何に対してどの程度まで開示するかは、ユーザが個別に決めるべき事柄だと思う。
 

なにしろ一般向け情報が少ないので、どうなっているのかわからない。あるいはこの程度は当然実装されるのかもしれない。

もし万一、電話番号や位置情報などが強制・一律に公開されてしまう仕様だとしたら、NGNは個人にとってはかなり使いづらいものになるのではないか。

そうならないことを切に望む。

|

« SLに山手線が | Main | overtureの広告掲載順位決定ポリシーの変化 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NGNに期待したい実名/匿名の扱い:

« SLに山手線が | Main | overtureの広告掲載順位決定ポリシーの変化 »