« 「パリ、ジュテーム」 | Main | 雑記070308 »

2007.03.03

「パフューム」

異様とも言える迫力の怪作。香水の話しと聞いてイロモノかと思っていたが、それでも観る気になったのは、この主役の表情が醸し出す空気に惹かれたから。
で、やっぱり観てよかった。見終わって少し脂汗が浮いているのに気付く。以下ネタバレ。

 

天才というものの凄まじさが伝わってくる。並みの人間の基準は彼には当てはまらない。普通はそこで逡巡とかあるだろうというところが、まったくない。というか描かれない。映画の副題は、「ある人殺しの物語」だが、彼にとっては追い求めるものを手に入れる途中で人が死んだとかどうだとかはあまり重きを成していないようだ。

そのような天才が作り出した究極の香りが、クライマックスで、殺人者として彼を裁こうとする人々にとんでもない影響を及ぼすことに。ここはまさに観てのお楽しみのところだ。そんなのありかーーーー!!っていう驚きのシーンだが、それまでの彼の行為が凄まじいので、妙に説得力を持って迫ってくる。

人々がその香りに酔い痴れている最中に逆に自らの無力を知った主人公が、ひっそりと最期に身を処すやり方も、いかにも孤独な天才らしい。


ちょっと間違えば単なる色物に終わって不思議はないお話しを、逆にこれだけの迫力ある作品にまとめた監督のトム・ティクヴァと、細身のナイフのような切れ味の男を演じたベン・ウィショーに拍手。
トム・ティクヴァは、「パリ、ジュテーム」企画の導火線になった作品をつくった人でもあるらしい。すごい人が出てきたものだ。

 

余談だけど、最近また新作の製作が決まったらしいボトムズのキリコ・キュービィに、この主役はそっくり。キリコのファンは見逃してはなりません。

それから、もちろん私は時節柄、花粉症真っ只中だから、この天才にしてやられることは万にひとつもないことだけは言っておかねば(笑)。

|

« 「パリ、ジュテーム」 | Main | 雑記070308 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/14118333

Listed below are links to weblogs that reference 「パフューム」:

» 『パフューム ある人殺しの物語』 [M[エム]]
製作年度:2006年上映時間:147分監督:トム・ティクヴァ出演:ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド 、アンドレス・エレーラ 、サイモン・チャンドラーオススメ度:★★★★★ストーリー:18世紀のパリ。悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚...... [Read More]

Tracked on 2007.03.06 at 12:42 AM

» 禁断映画がついに解禁! [テンコモリウェブ]
禁断の映画がついに解禁!映画「パフューム ある人殺しの物語」は、話題になっている「とても口に出して言えない衝撃の映像」があります。それは、映画のクライマックスに映し出される約750人の全裸のラブシーン。これは、ごいすー。これらはまったくCGを使...... [Read More]

Tracked on 2007.03.14 at 08:55 PM

« 「パリ、ジュテーム」 | Main | 雑記070308 »