« 「幸せのちから」 | Main | 「カンバセーションズ」 »

2007.02.12

「墨攻」

切ないお話しだが、見て損は無い。

映画宣伝の中では、漫画が原作となっていたが、私は酒見賢一の小説でこのお話しを読んだだけだ。どちらが本当の原作なのかはわからない。
映画の終わり方は小説とは異なるようだから、漫画の方により近いのかもしれない。
その小説の終わり方が印象に残っていたので、映画も観る気になったのだった。以下ネタバレ。

 

小説では、主人公の革離は、梁城をみごと趙軍から守りぬくのだが、物語の最後に、意外な相手の矢で後ろから斃される。「七人の侍」では、農民達は恩人の野武士を有難がりながらも遠ざけたが殺しはしなかった。それに比べて、革離の最後はもっと非劇的だ。
その最後を情けないとみるのではなく、それが世の中というものだと知ることが大切だ、ということを、私は酒見の小説に読んだのだった。

映画では革離に、小説よりもさらに悲しい結末を与える。それは見てのお楽しみとして、結局、この局面で得をしたのは、軍事のプロフェッショナルたる革離でも巷淹中でもなく、また純で学習中の若者、梁適や子団でもない。暗愚な王、梁王だ。

これもまた示唆的ではある。暗愚に見せて政治的な立ち回りに優れた者が生き残るのが世の常であるという、これは警句なのだろうか。


革離を演じた香港生まれのアンディ・ラウが相変わらず渋い。
巷淹中のアン・ソンギは韓国出身、子団のウー・チーロンは台湾出身と、俳優も東アジア色豊かで多彩。こうしてみると、東アジアにほとんど国境はないような錯覚を覚える。

|

« 「幸せのちから」 | Main | 「カンバセーションズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。
気になっている映画なので、コメントします。

小説は読みました、漫画も読もうかと思っています。
結末が違うのですか?良い方向で興味深いです。
アンディ・ラウ演じる革離の悲しい結末、観たら彼が当分頭から離れないだろうなぁ。

では。

Posted by: -den | 2007.02.18 at 08:02 AM

割とお勧めです。

Posted by: hski | 2007.02.19 at 12:32 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/13880028

Listed below are links to weblogs that reference 「墨攻」:

« 「幸せのちから」 | Main | 「カンバセーションズ」 »