« 「墨攻」 | Main | 雑記070214 »

2007.02.12

「カンバセーションズ」

表面上は、ほとんど台詞だけで構成された会話劇。一応、不倫を材料に取り上げているから、不倫ドラマが好きな人にはもしかするとお勧めかも。ただしこの不倫はほぼ会話でつくられているから、痴的な劣情ドラマ好きにはあくびが出そう。以下ネタバレ。

 

実験的な映像が面白い。画面を横に二つに割って、最初から最後までこれで通す。デュアルフレームというらしいが、私としてはニンテンドーDSシステムと言って欲しい(笑)。
宣伝文句では、男視点と女視点で描いていることになっているらしいが、その表現は誤解を生む。

確かにそういう視点から撮影した映像が多い。観る側は、会話する男女の微妙な表情やしぐさの動きを同時に見るから、普通に撮影編集されたものとは明らかに密度が違う。しかし、そうはいっても、音として聞こえるセリフは普通に交互に交わされる会話だから、互いに全く違うことを考えたり喋ったりしているわけではない。

むしろ、この映像処理は、会話の途中でそれぞれの頭の中に浮かぶイメージ--過去の思い出や遠く離れている家族など--を、現在進行中のものごとの横に、同じ大きさとリアリティで映し出す点に、新しさがあると思う。

不倫に落ちようとしている、中年の男女の頭の中に去来するあれこれ。若い頃恋に落ちた自分たちの思い出のあれこれ。そういうものが、いま現在のリアルな自分たちに重なって、やるせない感じや、諦念や、時の流れに対する妥協や、いろいろな苦さ甘さを醸し出す。
表現が難しいけど、微妙な色合いの変化を連続させた、他に類を見ない作品、とは言えると思う。


「男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト」という宣伝文句は、はじめのうちはよくわからない。映画の終わり近くになって、一夜のアバンチュールの後、日常に戻ろうかというところになって、やっと納得がいく。そこは、この映画の売り文句ではあるけど、売りではないのだ。

これは、興行的にはきっと苦しいだろう。オフィシャルページには、物販のリンクなどがあって、資金繰りの苦労を偲ばせる。

私には、苦さ甘さのところが割と面白い映画だった。「サンキュー・スモーキング」のアーロン・エッカートが、再び台詞中心の独特な役を苦もなく演じて見せてくれる。

|

« 「墨攻」 | Main | 雑記070214 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「カンバセーションズ」:

« 「墨攻」 | Main | 雑記070214 »