« DRM迷走中? | Main | iPhoneは日本では新型iPodに »

2007.01.12

セカンドライフ2題

まだユーザ登録もしていないのに何か書くのはおこがましいけど、人にの意見に耳を傾けるくらいならいいかな。


【CES2007】仮想空間Second Lifeは「ビジネスにこそ有用」とIBM

 IBMがSecond Lifeに力を入れるのは、Second Lifeのような3次元の仮想空間が、今後の強力なビジネスツールになりうると考えているためだ。
場所を食う商売なら、これは使える。


『セカンドライフ』とは何か

ビジネスモデルはとてもシンプルです.『セカンドライフ』内での土地の販売と有料メンバーシップです.仮想の土地を売って世界を拡大しながらそれを収益にしていくという方向性でして,広告モデルは今のところは考えていないですね.『セカンドライフ』の中で企業が広告を出すことは自由ですが.
(中略)
土地や島を買う人がいればその分のコストはユーザーが払っていますから,それに合わせてシステムの増強をしていけばいいだけの話です.
サーバという物理的な資源を購入して、それを「バーチャル土地に加工」して売る。素晴らしき哉、土地製造業(笑)。
コミュニティにアクセスできるユーザーを限ることができるように,島のオーナーはパーミッションをコントロールすることができます.しかし,ユーザー間のトラブルがなくなることはないと思っています.現実社会と一緒ですね.リンデン・ラボは,あらかじめ定めてあるコミュニティスタンダード(六つの禁止事項)を侵された場合には対処しますが,それ以外の場合には基本的には対処しません.われわれが常に監視して,特定の人たちを『セカンドライフ』からいなくさせるように何かをするということはしない方針です.ブログや『セカンドライフ』内で行うタウンホール・ミーティングを活用して,ユーザーの声に耳を傾ける機会は設けていて,それによってわれわれの決断を変えるということはあります.
社会が複雑化しすぎると、時々変革者が現れて革命というものをする。そして新しくシンプルなルールを決める。たいてい「殺すな、奪うな、犯すな」とか、そんな感じ。

現実世界に対するバーチャルな世界には、そういう作用があるかもしれない。

|

« DRM迷走中? | Main | iPhoneは日本では新型iPodに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7081/13458577

Listed below are links to weblogs that reference セカンドライフ2題:

« DRM迷走中? | Main | iPhoneは日本では新型iPodに »