« 今年の見通し | Main | 「ハーバードからの贈り物」 »

2007.01.05

「夜市」

うかつに感想文など書けない、味わい深いお話し。これを「ホラー」などと分類することはできない。
とはいえ、書評者ではないのだから、気を取り直して自分の思ったことを書く。

これは、兄と弟のそれぞれの生き方と運命を描いたものだ。夜市やいずみは、それを描くための装置。そうは思わせないほどうまい話しの運びではあるけれど。

さて自分は兄か弟か。
弟だとして、そのように生きているか。
そう自問せずにはいられない。


同時収録の「風の古道」もよい。
この作者は、話の閉じ方が美しいなと思う。


こちらのお勧めリストから。

|

« 今年の見通し | Main | 「ハーバードからの贈り物」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「夜市」:

« 今年の見通し | Main | 「ハーバードからの贈り物」 »