« 生き残り戦略は様々 | Main | 「それでもボクはやってない」 »

2007.01.20

携帯への異業種参入

日経本紙 一面
「携帯電話 参入、多額投資不要に」

総務省は新規事業者が多額の設備投資なしに携帯電話事業に参入できるよう競争ルールを整備する。通信網だけでなく料金徴収や電話番号管理のためのシステム整備の開放についてもNTTドコモなどの既存の携帯電話会社に義務付ける方針だ。
それはすごい。本当なら。

クレジットカード業界は、カードを普及させるために、ハウスカードというものを流行らせようと涙ぐましい努力をしていたけど、携帯電話業界は逆に、普及率があっという間に天井に近づいて、外部からハウス電話を強制されるありさま。

本来の目的はもちろん、携帯電話事業の新規参入を増やして競争による料金引き下げ、という地味なところにあるのだろうけど、ちょっとずらして考えてみる。

例えば小売業大手がもしこれに参入するとどうなるか。
イオン電話。

量販店でもいい。
ビックコール。

ブランドはどうだ。
ルイ・ビフォン。

笑える。
いやいや本当に面白いかも。

なにしろ決済端末だからな。あらゆる商売にとって、特にコンシューマーの日常に広くかかわる業種にとっては、自社の端末を消費者に持たせることは極めて重要なことになるかも。商品のプロモーションから代金の徴収まで一手に握れるわけだし。

朝の時間帯には、”モーニングセットに旬のフルーツサービス”callがはいっていたり、昼には新刊の案内callがきたり、夕方はもちろんスーパーの特売callですな。
・・・うるさいじゃないか(笑)。

カードを差し替えて端末を自由に乗り換えられる海外の状況を、わしらは指をくわえて見ているわけだけど、決済まで含んでそういうことができるとなるとイメージは膨らむ。


ていうか、その前にNTTはもちろん大反対だろうけど、どの程度実現性はあるのでしょうか。

|

« 生き残り戦略は様々 | Main | 「それでもボクはやってない」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 携帯への異業種参入:

» 30分審査・即日振り込みのプチバンクカード [簡単に借りれる消費者金融・ローン・クレジット]
プチバンクカード! イオンクレジットサービスグループ・ACSファイナンスの最速ローンカード! とにかく早く資金が必要!というときにはACSファイナンスの 「プチバンクカード」がお役に立ちます。 ■その1:とにかく速い!30分審査+当日振込み+カード翌日配達 ・お申込み頂いてから30分以内にメール、電話にてご連絡いたします。 ・確認書類を当日11:30迄に頂きご指定口座にお振込みいた�... [Read More]

Tracked on 2007.02.04 01:58 PM

« 生き残り戦略は様々 | Main | 「それでもボクはやってない」 »