« 雑記070111 | Main | セカンドライフ2題 »

2007.01.11

DRM迷走中?

DRMの死は避けられない

これだけ情報があふれ、YouTubeのようにちょっとしたエンターテイメントが存在し、ネットが普及してコンテンツの配信経路を独占するということができなくなった環境(有り余るほどもののある経済)では、消費者のアテンション(関心度)を得ることの方が重要で、クチコミやバイラルで広がっている対話メディアのユーザーが一気に伸びたのだと考える。
私はDRMにかなり期待していた。著作者本人に正当に報酬が届く仕組みは重要だと思うからだ。しかし、現状ではなかなかそうはいかないらしい。

そうはいっても、日本では携帯という万能小額決済デバイスが広まっているのだから、米国ほど悲観する状況でもないとは思う。

上の記事にあるとおり、広告モデルのほうが現在のところ課金モデルよりも流行(笑)だけど、それとは別に、DRMによって明細が明らかになるとかえって不都合だと感じる人が、明確な目的意識をもって必死に抵抗するのかもしれない。これは、こちらで取り上げている記事のように、「強い政治的意志に支えられた狭い利益ほどもっとも強力になるというパラドックスの弊害」のひとつの例だ。

そういうことの方が障害としては大きいのかもしれない。

|

« 雑記070111 | Main | セカンドライフ2題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference DRM迷走中?:

« 雑記070111 | Main | セカンドライフ2題 »